気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016ムジェロGP 決勝結果

Sponsored Link

今回も凄まじいレースとなりました。優勝はロレンゾ選手。2位にマルケス選手。3位にイアンノーネ選手となりました。

f:id:teletele916:20160523081909p:plain

2列目から抜群のスタートを決めたロレンゾ選手がホールショットを奪いレースをリード。しかしポールポジションスタートのロッシ選手もロレンゾ選手を逃さず、毎周1コーナーのブレーキングで、インからアウトからロレンゾ選手を揺さぶります。この戦いはどこまで続くのかと思えた残り15周目でロッシ選手のM1が突然のエンジンブロー。。白煙を上げたマシンはそのままリタイア。ムジェロは静まり返ります。ロレンゾ選手のM1もウォームアップでエンジンブローしていたので、決勝で問題が発生したロッシ選手は不運としか言えません。

レース後半はマルケスが徐々に追い上げを開始、残り3周でイアンノーネ選手を交わしてロレンゾ選手に狙いを定めます。ラストラップのターン4のシケインでマルケス選手がロレンゾ選手をオーバーテイクしますが、ロレンゾ選手もターン13のシケインで抜き返すも、ターン14で再びマルケス選手がロレンゾ選手をオーバーテイク。最終コーナーのターン15でインに突っ込んだロレンゾ選手ですがマルケス選手を抜けず、これでレースは決まったかと思えたホームストレート。ロレンゾ選手は最後まで諦めず、マルケス選手のスリップストリームを使ってフィニッシュライン手間でマルケス選手をオーバーテイク。僅か0.019秒差で勝利を掴みました。

 

3位はチームメイトのドヴィヅィオーソ選手、ペドロサ選手を退けたイアンノーネ選手。Ducati首脳陣の前で、ドヴィヅィオーソ選手と2年間契約をした事は間違いだと知らしめました。一方のドヴィヅィオーソ選手も久々にレースを完走出来た形となります。2位スタートで連続表彰台の期待がかかっていたビニャーレス選手はスタートを失敗して一気に順位を落としますが、何とか追い上げて6位でした。

Remove all ads