Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016ムジェロGP 予選プレスカンファレンス翻訳

MotoGP2016 プレスカンファレンス ムジェロGP

Sponsored Link

レース開始直前になってしまいましたが、土曜日の予選プレスカンファレンスの翻訳をお届けします。今回は質問がほとんど出ずに短いプレスカンファレンスとなりました。ロッシ選手は予選でビニャーレス選手のスリップストリームを使えたのは大きな助けになったと語りつつも、ロレンゾ選手が指摘するように話し合っていたのでは?という指摘をきっぱりと否定。しかし返す刀で「昨年はそれがレース内で起きていたのが大きな違い」と語っています。ビニャーレス選手、イアンノーネ選手ともにペースは良いですし、ロレンゾ選手、マルケス選手も接近していますから、熱いレースが期待出来そうです。

★MotoGP2016ムジェロGP 予選プレスカンファレンス翻訳

ニック・ハリス

「素晴らしい予選でした。」

ムジェロGP予選1位 ヴァレンティーノ・ロッシ

★MotoGP2016ムジェロGP 予選プレスカンファレンス翻訳

「良い一日になりました。とても特別でファンタスティックで、良いフィーリングの中でライディングが出来ました。昨日からタフな戦いになっていて自分の調子は悪くなかったんですが、6位とか7位タイムで、トップ10台は非常に接近している状態でした。今朝一つ前進した形で良い感触を得る事が出来ましたが、8番手タイムでしたので大した順位ではありませんでした。その後手を加えてFP4ではペースも良くなりバイクのフィーリングも良くなりました。ですから予選に関しては楽観視していました。ただ何が起こるかわかりませんから、最適なタイミングで良い位置にいるようにしっかりと戦略を立てました。というのもル・マンは失敗してしまいましたからね。最終的にはマーヴェリックのスリップストリームにつけたのはラッキーでした。そのおかげでポールポジションを獲得することが出来ましたからね。ムジェロは沢山のお客さんが観戦してますから素晴らしい雰囲気ですね。また天候も同様に素晴らしいですね。昨年は予選で苦戦して2列目3列目スタートでしたから、1列目ポールポジションでスタート出来るというのは本当に重要です。このトラックはオーバーテイクが難しいですからね。」

ニック・ハリス

「レースのセットアップに関しては、気温やタイヤなど変更点もありましたがいかがでしょうか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「バイクのフィーリングは良いですが、細かい部分のフィーリングを向上させようと思っています。タイヤは午後にハードを試してみてフィーリングは悪くありませんでした。しかしペースは十分ではありませんでした。ですからソフトを試してみようと思います。ただソフトも数周走ると動きが大きくなるんですよね。ムジェロのレースはいつも要求が多いんです。肉体的にも精神的にもね。ですからポールスタートは本当に重要です。」

ニック・ハリス

「ヴァレンティーノありがとう。それではスズキのマーヴェリック・ビニャーレス。ヴァレンティーノを追って、その後にヴァレンティーノに追われた展開になりました。」

ムジェロGP予選2位 マーヴェリック・ビニャーレス

★MotoGP2016ムジェロGP 予選プレスカンファレンス翻訳

「トラック上に多くのライダーがいないほうが良いので、練習走行では遅くに出走するのが好きなんです。ヴァレンティーノも同じようにかなり遅くに出走しますよね。とにかくバイクのフィーリングは非常に良いです。今週は大きな決断を下した後すべてが良い方向に動いています。バイクも素晴らしかったのでメカニック達に仕事に感謝ですね。」

ニック・ハリス

「レースペース、タイヤ、23周など簡単ではありませんね。」

マーヴェリック・ビニャーレス

「Ducatiも本当に速いですからね。ただFP4ではペースは本当に良かったですからね。タイヤは色々オプションがありますけど、最終的にはソフトがレースタイヤになるかと思います。トップで走るのは難しいとは思いますが。」

ニック・ハリス

「マーヴェリックありがとう。それではアンドレア・イアンノーネ。1列目獲得は嬉しいでしょうが、ポールポジションを逃して少しガッカリという感じでしょうか?今週はずっとドライセッションをリードしていましたよね。」

ムジェロGP予選3位 アンドレア・イアンノーネ

★MotoGP2016ムジェロGP 予選プレスカンファレンス翻訳

「1列目からのスタートは本当に嬉しいですね。ムジェロは非常にオーバーテイクが難しいサーキットですからね。レースではいつもグリップが少し低いですから、1列目スタートは同様に重要です。ポールを獲得出来なかったのは残念ですけどラップタイムを向上させるために全てを尽くしました。ただ別の意味ではチームとともにバイクをどんどん良い形で仕上げる事が出来たので嬉しいですね。これがレースにおいては非常に重要になると思います。」

ニック・ハリス

「スタートは非常に重要になりますね。1列目では最高の位置にいるわけですが。」

アンドレア・イアンノーネ

「明日は本当に素晴らしいレースになると思いますし、スタートも同様に重要になります。ヴァレ、マーヴェリック、ホルヘ、マルクも良いペースですし、素晴らしいバトルと同時に難しいレースになるでしょう。」

ニック・ハリス

「今のところ素晴らしい週末ですが、表彰台獲得を狙いたいというところでしょうか。」

アンドレア・イアンノーネ

「ええ。そう願います。今年はレースが始まるまでは本当に戦闘力が高いのに、ル・マンも含めて転倒が多いですからね。今年はレースが非常に難しい形ですけど、明日は良うなるよう願っています。」

ニック・ハリス

「ありがとう。それではフロアからの質問をどうぞ。」

Q

「今年はポールポジションからスタートしたライダーが勝利していますが、これに関して何かしら技術的な説明はありますか?また明日のレースはどのような展開を予想しますか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「ただ去年もそういう形でポールポジションからスタートしたライダーが優勝していましたよね。MotoGPではしっかりと準備をしてポールポジションを獲得したライダーが勝つという事は言えると思いますけど、個人的には何とも言えませんね。決勝では予選と比べてトラックのコンディションが変わるのもありますよね。これはMoto2のマシンによる影響だと思いますが。現状ではビニャーレスのほうが良いペースですね。彼のほうが少し速くて、自分とイアンノーネは似たようなもんです。 ただ明日は4位と5位マルケスとロレンゾも来るでしょうから、トップ5人の争いになると思います。」

マーヴェリック・ビニャーレス

「自分はポールは獲得した事が無いですから何とも言えません。ただポールのライダーのほうがレースウィークを通じて良いセットアップを作り上げているから勝ちやすいというのはあるんでしょう。いずれにしよ自分は明日は勝利を狙います。」

アンドレア・イアンノーネ

「うーん正直わかりませんね。(笑)自分は非常に良いポテンシャルとペースがあると思いますし、バイクのフィーリングも良いしチームも懸命に作業しています。明日はトップ5人の争いになると思いますが、ムジェロはフィジカルコンディションが厳しいレースですから、いずれにしてもベストを尽くします。」

Q

「昨年はマルケスがどうのこうのという話がありましたが、今回はホルヘがヴァレンティーノとマーヴェリックが協力していたと話していますが、それについては?

ヴァレンティーノ・ロッシ

昨年はそれがレースで起きていたというのが大きな違いです。これはただの予選ですから。ただトラックで走っていれば常に他のライダーを追うものです。特にMotoGPに上がってきた若いライダーならなおさらね。自分がビニャーレスを追ったのは彼の走りを理解するためで、彼は後ろに付かれてもスロットルを閉じるようなライダーじゃないし、最低でも1周はプッシュすると思ったんです。それにこれはイアンノーネとも良く起きる事です。ですからフロントで走っていれば同じことが起きますよ。計画してやったことじゃないし、渋滞を避けるために待ってから走りますからね。今日はマーヴェリックは後追いされて嬉しくなかったと思いますよ。自分が彼を後追いしてなければ彼はポールポジションを獲得出来たんですからね。ま、最終的には大きな助けにはなりましたけどね。」

マーヴェリック・ビニャーレス

「自分としてはライトがグリーンになった瞬間にスタートするとあまりにも多いライダーがいるのが好きじゃないんです。1周に集中するのが難しいですし限界でプッシュするのも同様に難しいです。とにかく自分は普段は1人で走りたいんです。ヴァレンティーノも遅くに出走するライダーですからね。今回も渋滞を避けただけですね。」

Q

「VR46のライダーが3人フロントローを獲得してロレンゾ・バルダッサーリはMoto2で3位で、彼らの先生はMotoGPクラスでポールを獲得して、VR46として非常に誇らしいんじゃないでしょうか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「本当に誇らしいですし予想してませんでしたね。こんな形になるというのは本当に驚きです。最後に彼らと過ごしていた時は、イタリアンGPという事で彼らの緊張が伝わってきました。イタリア人ライダーにとってはムジェロのプレッシャーは大きいんですよ。本当に誇らしいですし嬉しいですね。プレッシャーというのは扱いが難しくて、普通は悪いほうにいってしまうんですよ。こういう形で作業を続けたいですね。」