気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016ムジェロGP ロッシ「トップ5位からのスタートが決勝では重要」

Sponsored Link

FP1ではスタートの練習を繰り返していたロッシ選手ですが、3列目でスタートしても1周目でトップ争いに食い込むような選手ですから、確かにスタートを改善すれば決勝に向けて大きな戦力となります。今日はセクター3と4のタイムを向上させる事が出来るでしょうか。

f:id:teletele916:20160521155024j:image
ヴァレンティーノ・ロッシは予選で5位以内に入る事の重要性を強調し、日曜のムジェロGPの決勝レースでは、2008年以来となる勝利を獲得したいと述べた。ロッシは金曜の2回目のセッションを6番手でタイムで終え、1位タイムのアンドレア・イアンノーネからは0.644秒遅れのタイムを記録している。ロッシは僅か0.2秒差のチームメイトのロレンゾを見据えている。

予選の重要性に加えて、ロッシは最後の2つのセクタータイムを向上させる事に重きを置いている。これは2つの高速コーナーであるアラビアータから最終コーナーまでの区間で、フィニッシュラインでのチャンスを向上させる事になる。


ヴァレンティーノ・ロッシ

「今日は良い一日になりましたね。午後は本当に良いコンディションでした。雨の後でトラックのグリップはそこまで良くなかったんですが、最後のほうは悪くなかったですよ。バランスに問題があって、午後にもう一度セッションが必要でしたね。明日の朝に違う事を試してみようと思います。良い事は6番手ながら2番手のロレンゾとの差は小さい事です。トップ10のライダー達の差は小さいですから、自分のタイムがあまり良くないトラックの後半でタイムを向上させる必要があります。明日の朝を待ちましょう。」
 
「同様にセクター4でも同じ事が言えますが、アラビアータ1の後のクター3のタイムがあまり良くありません。バイクの最大限の力を出して走れている感じがしませんし、自分のキャリアの中でもセクター4が良くありません。フィーリングの改善が必要なのと、100%の力でプッシュ出来るようになる必要があります。特にリアのグリップが十分ではなくて、スロットルを開けるまでかなり待つ必要があります。最終コーナーではかなりロスしていますね。この点も明日作業をしてみようと思います。優勝争いをしようと考えると、トップ5の順位からレースをスタートする事が非常に重要です。一列目であることがさらに重要ですけど、トップ5でも悪くはありません。」
 
金曜の最初のセッションは路面が濡れた状態で行われ、その後ドライとなった。このコンディションはスリックタイヤには濡れすぎており、レインタイヤには乾きすぎていた。ロッシはこの中で弱点であるスタート練習をする機会を得た。
 
「朝は残念ながら良くないコンディションでした。トラックに出て走行するには微妙なコンディションでしたので、走行する意味がなかったですね。今年はスタートが良くないのでスタートの練習をする事にしました。改善のためにいくつか異なるセッティングを試しましたが悪くはないですね。朝の終わりではクラッチは同じものでしたけど、いくつか異なるマスターシリンダーを試してみました。他にもスタートのために異なる内容を試してみましたが、最終的には悪くなかったです。」
 
いつものように、ロッシは土曜の午前中のセッションでスペシャルデザインのヘルメットを公開すると予想される。
 
Remove all ads