Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★EBR アメリカでスーパーバイクへの参戦を再開

EBR Buell

Sponsored Link

EBRは投資会社が親会社になった事で復活、3/1より再びバイクの製造を開始していました。そしてバイクの製造再開の次はレース活動のほうも再開するようです。今のところアメリカのどのスーパーバイクカテゴリーに参戦するのかは不明ですが、アメリカで参戦するのであればMotoAmericaとかAMAあたりでしょうか。この車両がどの程度の進化を遂げているか不明とは言え、EBR1190は元々2011年に登場したバイクですので、そんな型遅れのバイクで最新の日本製スーパーバイクと戦っても無駄なのでは。。と思ってしまいます。

★EBR アメリカでスーパーバイクへの参戦を再開

プレスリリースによると、EBRモーターサイクルはSplitlath Racingと2016年のスーパーバイクシーズンに向けて契約を交わしたようだ。

EBR CEO エリック・ビューエル

「新生EBRが始動してから素晴らしい数ヶ月となっています。新しいEBRの素晴らしいモーターサイクルの生産も始まっています。

EBRチーフテクニカルオフィサー

「新しいモーターサイクルを求める声は本当に嬉しいですね。新しいディーラーのベースを育てつつも進めて行きたいと思います。ただ我々はレースを愛していますから、Splitlath Racingと共にファクトリーチームとして2016年シーズンにレースに参戦出来る事を嬉しく思います。大きな予算は出せませんが、情熱と喜び、ライダーの独立心、クルーやオーナーなど素晴らしいチームです。」


Splitlathはいくつかの国際サーキット場においてレースを行い、EBR1190の冒険心と興奮を世界中に届ける。

Splitlath Racing ジョン・ディンバイロー

「エリック・ビューエルと数年仕事をした後、SplitlathはEBRと再び一緒にやっていくことになり、このユニークで独自の哲学を持ったブランドの成長の一部となれる事を嬉しく思います。EBRのバイクのエンジニアリングを考えると、共に働くのは大きな喜びであり、優秀なエンジニア達と働き、彼らの開発のプロセスの一翼を担えるという事は特別な事ですね。レースのファンは知っているでしょうが、Splitlathは2015年2016年は主に中国のPan Delta Superbikeシリーズに参戦しており、現地の観客数やTVでの盛り上がりは非常に大きいです。我々のチームは大きな成功を収めており、Pan Delta Superbikeシリーズでフルファクトリー体制のチームを相手に数々の優勝を遂げています。このレースは主要メーカーが中国マーケットの入り口と捉える重要なレースであり中国市場もハイエンドな欧米のバイクを求めています。EBRはここで多くの尊敬と注目を集めています。」

「Splitlathはマン島TT、マカウーGPなどにも出場しておりこういったイベントでの経験があります。ストック状態のEBR1190が2年前に出場した時、それはこのバイクで初めての挑戦でした。完走した時、EBRは初回の挑戦でマン島TTを完走した初めてのメーカーだと伝えられました。マン島TTは本当にタフなレースで全く予期しないような形でバイクが振られる事になります。ですからあらゆるストリートバイクにとって大きな試練の場となるのです。我々のライダーはEBRは安定化のあるハンドリング、広いパワーバンドを持っており、軽量ホイールによってマン島TTの荒々しい路面での走行が楽になったと語っています。Splitlathはアメリカのレースシーンにも復帰をする予定で、本当に楽しみにしています。現在のところスポンサーとの話し合いを行っており、運営組織からの承認を待っているところです。Splitlathは我々のスポンサーであるIJS Global、GBracing、MotionPro、Zero Gravity、Impact Prowear、Metzeler、HEL、FusionMX、Engelbert Strauss Workwearに感謝を示したいと思います。」

blog.motorcycle.com

motomoto.hatenablog.com