気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2016 KTM悪天候の中ブルノテストを完了

Sponsored Link

KTMは2017年からのMotoGP参戦に向けて精力的にテストを行っています。最初からかなり強力なエンジンを備えているという噂でありますが、まずはエレクトロニクス、そしてタイヤに焦点を当てて開発を行っているとのこと。初年度からどの程度のパフォーマンスを発揮するか楽しみですね。

★MotoGP2016 KTM悪天候の中ブルノテストを完了

KTMはチェコ共和国のブルノサーキットにおいて2日間のMotoGP機のテストを行った。ミカ・カリオとランディ・ド・プニエがRC16をライディングしたが、初日は悪天候のためにピットで過ごす事となった。木曜日には晴れ間が見えたものの、気温は非常に寒い中でのテストとなった。

ミカ・カリオ

「昨日は別として今日の作業の進捗には満足しています。2日目のテストもテスト内容の調整が必要でしたが、エルゴノミクスの面に関していくつかの内容を試し、エンジンとマッピングに関しても同様に作業を行いました。残念ながら気温が終始10度ほどだったためグリップを得るにはあまりにも低すぎる気温でしたが、次のテストに関しては明確なプランがありますし何を向上させねばならないか把握しています。」

ランディ・ド・プニエ

「トラクションコントロール、エンジンブレーキ、そしてシャーシなど、天候に関わらず多くの作業をこなすことが出来ました。チームは前回のテストから良い作業をしてくれ明らかに向上が見られました。テストごとに良くなっていますし彼らに対して素晴らしい印象を持っています。彼らの自分に対する印象も同じだと良いですね。」


レプソルホンダのMotoGPクルーチーフであったマイク・レイトナーは、現在KTMのオンロード部門の副社長であるが、チームが2017年のMotpGPクラス参戦の前にヴァレンシアで予定されているワイルドカード参戦を控えて、明らかに進歩を遂げていると語る。

マイク・レイトナー

「チームはパフォーマンスを向上し、問題もありませんでした。年初に行ったテストに引き続き、皆サーキットにさらに良い状態で到着し、皆自分のタスクに集中している状況でした。」


とは言え、テクニカルディレクターのセバスチャン・リッセは天候の為にテストする予定だったものがテスト出来なかったと述べている。

セバスチャン・リッセ

「テストの面では快晴とは言えませんでしたね。テストのプログラムで言えば、まだやらねばやらないことが多くあります。つまりライダー達の意見をよりしっかりと聞く必要があり、優先事項を設定する必要があります。現在はエレクトロニクスに関して、そしてタイヤのフィーリングについて多くの注意を払っています。ファインチューニングの為に必要なことは、さらにコンスタントにそして最終的には速く走る事が出来る理想的なトラックコンディションです。」


ブルノはKTMにとって今年3回目のテストとなった。ブラッドリー・スミスが2017年にKTMで走る事になっているが、残りのシートに誰が収まるかは今のところ不明だ。

www.crash.net

Remove all ads