Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★EBR(Buell)完全復活!3/1より2016年モデルの生産を開始

EBR Buell

Sponsored Link

対にBuellというかEBRが本格的に復活、2016年モデルの生産を開始しました。今年モデルのロールアウトは3/17とのことで、翌日に再始動を記念したパーティーが開催されるようです。同日にオークションも併催されるとのことですが、余剰な機器、ツール類、さらにはレースパーツもオークションに出品されるとか。。日本でも再びディーラー網が構築されて販売されることがあるのでしょうか?

★EBR(Buell)完全復活!3/1より2016年モデルの生産を開始

多くのEBRのファンにとって今日(3/1)は素晴らしい日となった。EBRのバイクが3/1より再びバイクの生産を開始した。長く複雑な時を経て、EBRの資産はAtlantic Metals Group LLCのブルース・ベルファーにオークションで落札され、その後取り引きの不成立を受けて彼の元を離れてLiquid Asset Partnersのものとなり、ついにEBRの元に安定が訪れた。3/1よりEBRの本拠地であるウィスコンシン州のEast Troyで2016年型の1190RXと1190SXの生産が再開され、新会社はEBRモーターサイクルLLCと呼ばれる。


1月にLiquid Asset Partnersは3月半ばまでに生産ラインを稼働させることを目標とするという発表をしていたが、この言葉通りに最初のモデルは3/17日に工場からロールアウトする。このリリースの中で、EBRモーターサイクルLLCのCFOであるビル・メルヴィン・ジュニアは、今やEBRは財政的に安定し複数年プランでの利益確保、5-10年のビジョンを持っていると語っている。彼はさらに新たなパートナーシップや出資を歓迎する旨を述べているが、今の段階では必要というわけでないという事も述べている。「EBRは安定した基盤の上にあり、前進しています。」と彼は語る。なお、EBRモーターサイクルの再始動を祝うため、3/18にEast TroyのEBRファクトリー Buell Driveにてローンチパーティーが開催される。これは一般参加が可能でフリーフードが提供され、参加者EBRのチームとの触れ合い、製造ラインの見学などが出来る。またこの日には工場の在庫のパブリックオークションが開催される。この中には余剰な生産機械、装備、ツール類が含まれる。また”余剰なレース資産”、パーツ類もオークションに出品される。

創業者/CTO エリック・ビューエル

「再始動とプレスデイを非常に楽しみにしています。人生をかけていますし、我々のバイクがいかに素晴らしいかを語りたいですね。」


もちろん、これはEBRにとって新たなチャプターの始まりに過ぎない。EBRはブランド再興のために国内のトップディーラーを探している。価格、保証やレース計画については来週に発表するとしている。

www.motorcycle.com