気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ホンダの2017年スーパーバイク発表へと高まる期待

Sponsored Link

出処は日本のソースだと思われますが、ホンダが「CBR1000RRをアップデートする/V型4気筒のスーパーバイクを後継機として登場させる」という類のニュースは流れては消えていきます。ただ、ヘイデン選手がWSBKに移籍する際に、ホンダから「2017年には新型車両をリリースするから、それをベースにファクトリー支援体制でレースをしないか?」と言われていたかもとか考えると面白いですね。

★ホンダの2017年スーパーバイク発表へと高まる期待

ホンダが2017年に長年アップデートをしていないCBR1000RRを遂にアップデートする?というのは、この業界においての最大の秘密だ。このニュースの面白い点は新しいバイクはCBRの名前で登場するのかRVFの名前で登場するのかというところだ。これはつまりエンジン型式がどうなるのかというところにもよる。CBR1000RRと同じく直列4気筒のバイクなのか、MotoGPマシンのようなV4エンジンとなるのか?


ホンダは日本メーカーの中で、そのスーパーバイクをアップデートしていない最後のメーカーだ。スズキは新型のGSX-R1000を2017年に登場させ、ヤマハのYZF-R1は登場から既に1年が経過した。またカワサキのZX-10Rも2016年に強力なアップデートを受けている。トラクションコントロール、多数のエレクトロニクスが新しいホンダのスーパーバイクにも装備されるだろう。200馬力近いパワーももはや標準装備と言えるもので、何かしら他の内容も含んで登場するのではないかと予想される。究極のテストの場はレーストラックであることは変わりなく、新しいバイクはニッキー・ヘイデンがWSBKでファクトリー支援体制のホンダチームと2年契約を結んだことからも、その強力な武器になるものと思われる。


MotoGPの世界ではマルク・マルケスとダニ・ペドロサにとっては既に厳しい戦いが始まっており、パワーがありすぎるエンジンによる2015年のトラブルに陥りそうになっているように思える。MotoGPでは統一エレクトロニクスの採用が決まったことから、レプソルホンダチームは4気筒の暴れる野獣をなだめるのが一層大変になっている。こうしたことからもWSBKがホンダにとっての活躍の場になる可能性は高い。これは2方向からのアプローチといえるだろうか?レースチームの目的に沿ったホモロゲーションスペシャルの公道用車両か、一般的なライディングに向けたコスト効果の高い車両なのか?メーカー主導になるとは言え、こうした事を考えるのは面白い。2016年のライディングシーズンはアメリカではそろそろ始まる頃だ。そして我々は既に2017年を考えている。


BY JENSEN BEELER www.asphaltandrubber.com