気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ホンダ、FIM、マルケスとロッシの接触のデータを公表しないことを決定。

Sponsored Link

マルケス選手とロッシ選手の接触に関わるこのデータを公表すると、さらなる混乱と論争が巻き起こるという事は、このデータを見るとどちらの主張が正しいのかがハッキリするということでしょうか。。いずれにせよ2016年シーズンに向けた準備の最中にこういう話題をぶり返しては欲しくありませんので、まぁ正しい判断と言えるかもしれません。どちらか、もしくは両ライダー引退の暁にはデータが公表されたりするのでしょうか?

★ホンダ、FIM、マルケスとロッシの接触のデータを公表しないことを決定。

FIMの代表であるヴィト・イッポリトはセパンにおけるマルク・マルケスとヴァレンティーノ・ロッシの接触〜転倒のデータは公表しないと発表した。このデータはロッシがマルケスに蹴りを入れた事がマルケスの転倒の原因となったというもの。これについてマルケスはセパンの後に次のように語っている。

マルク・マルケス

「彼が足を離して自分のハンドルバーとブレーキを押すなんて思ってもいませんでした。それでフロントが滑って転倒し彼が自分を振り返っているのが見えたんです。自分としてはこれがヴァレンティーノであっても他のライダーであっても関係はありません。こういった種の出来事においてはコントロールの範囲を超えているんです。ライダーであれば足を出して他のライダーをコースの外に押し出すということがどういうことか理解出来るはずです。他のライダーに蹴りを入れるなんて事になってしまったら、それ以上悪くなりようがありませんよ。」

 

しかしロッシはこの”蹴り”については否定しており、彼の足はマルケスがぶつかってきた事でフットペグから外れたのだと主張する。

 

ヴァレンティーノ・ロッシ

「マルケスの事は蹴っていないし、マルケスには転倒して欲しくはありませんでした。レースディレクションが見たようなスロー映像やヘリからの映像を見れば明らかですよ。横からの映像だとヘリからの映像と違って蹴りを入れたように見えますけどね。自分はとにかくスローダウンしてスローダウンして彼のラインをカットしたんです。彼のハンドルバーが自分の左膝に当たり、それが原因で彼は転倒したんです。ヘリからの映像を見れば明らかですけど、自分の足がフットペグから外れた時にマルケスは既に転倒していました。」

 

レースディレクションからロッシに対するペナルティは蹴りによるものではない。これはロッシが故意にスローダウンし、マルケスにワイドなラインを走らせようとしたことに対するもので、”接触により他のライダーの転倒の原因となった”というものに該当する。しかし、その数日後にHRC副社長の中本氏が「マルケスのバイクのデータからマルケスがバイクを起こしてヴァレンティーノとの接触を避けようとしており、フロントブレーキに受けた衝撃によりフロントタイヤがロックしており転倒の原因となったことが読み取れます。我々はあれがロッシの蹴りによるものだと確信しています。そのデータはドルナの誰か、もしくはFIM、メディアが望めばチェック出来ます。」と語っている。

 

このコメントの後、多数のデータ公開のリクエストを受けたことを受けて、ホンダは最終戦ヴァレンシアの前にこのデータを公開する予定だった。しかしこれは直前にホンダによって”ヴァレンティーノのCAS(スポーツ仲裁裁判所)への提訴に影響することを考えて中止された。ロレンゾがロッシから5ポイント差でタイトルを奪った最終戦から数日が経った後、ロッシは再びマルケスがロレンゾを助けようとしていたと語り、その時にホンダは2回目のデータ公開を中止した。そして2回目のデータ公開の停止はFIMとドルナの要請によるものだった。

 

ホンダ リヴィオ・スッポ

「今回データを公開しないという判断はホンダのものではなく、FIMとドルナから炎上している話題にさらに火を注がないようにという要請によるものです。我々は彼らのこのスポーツの管理を尊重していますので、要請を受け入れたのです。以前お伝えしたように、遅かれ早かれこのデータは公表したいと考えています。ただこれは適切な時期にということです。前回マルケスとヴァレンティーノとの間に起きたことに対してお話した時は非常に悲しい思いをしました。なぜなら皆マルケスがどれだけ真剣にレースに勝ちたいと考えているかという思いを信じないからです。」

 

ヴィト・イッポリト

「MotoGPではこの話題はCASに持ち込まれる前に既にクローズとなった話題であり、シーズン終了の頃にはロッシとマルケスにまつわる論争はかつて無いほどに膨れ上がってしまいました。そのため今回の事件に関わった全ての人、チームにセパンで起きたこと、そしてこの論争には触れないように依頼したのです。ヴァレンシア戦ではホンダは今回の転倒にまつわるすべてのテレメトリを保持していることを伝えてきました。そして今このデータは我々の手の中にあります。そしてホンダ、FIMはこの問題をさらに炎上させないためにこのデータを公表しないと決定しました。」

 

このデータはマルケスのバイクに何が起きたかだけでなく、何故それが起きたかをも示すものだが、このデータは公表されないという決定がされた。

http://www.crash.net/motogp/news/226226/1/honda-fim-wont-release-rossi-marquez-clash-data.html