Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★カワサキ アメリカで総額200万ドルのレース報奨金制度を2016年に開始

カワサキ

Sponsored Link

2015年、2016年モデルの該当車種を登録してレース結果の報告を行なうと報奨金が出る。というキャンペーンをカワサキがアメリカで2016年に行います。登録には車体番号、個人の社会保障番号(日本でいうマイナンバーみたいなもの)などが必要とのことですが総額200万ドルとはかなり太っ腹です。こういう形でレースに参戦するライダーをバックアップする仕組みをメーカーが提供するというのは素晴らしいですね。

f:id:teletele916:20151214120547p:plain

2016年にカワサキは総額200万ドルをロードレーシングの報奨金として用意する。このプログラムはアメリカ全土で14のレース団体を支持するもので、48のWERAレース、41のチャンピオンシップカップシリーズを含む177のイベントをカバーする。

カワサキからの報奨金は110万ドルがMotoAmericanaシリーズに投入される。イベントの詳細等については https://www.kawasaki.com/racing/team-green/contingency を参照されたい。カワサキは2015年、2016年モデルのZX-10R、ZX-6R、ニンジャ650、ニンジャ300でレース活動をするライダーにこれらのサポートを提供する。これらのサポートを受けるためにはライダーは車体の両サイドにカワサキのロゴを残し、車体のメインカラーはライムグリーンである必要がある。

 

カワサキのレースキットパーツが2016年のZX-10Rに使用可能となっており、これには調整可能なECU、カムシャフト、シム、スプリングなどが含まれる。このカワサキの報奨金対象のイベントに関しての質問、支払い、ルール、申し込み等に関しては、 https://www.kawasaki.com/racing/team-green/contingency で確認する事が出来る。 

Kawasaki contingency - Motorcycle.com News