Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ミシュランタイヤ ニコラ・グベール「全体のパッケージを高めていきたい」

Sponsored Link

2016年のシーズン開幕に向けて開発が進むミシュランタイヤですが、先日行われたヴァレンシアテストでの結果などについて、ミシュランのニコラ・グベール氏がインタビューに応えています。フロントはまだ開発が必要という意見がライダーからも多いですが、リヤのグリップに関してはブリヂストンよりも強力というような意見も聞かれますね。

f:id:teletele916:20151125065731j:plain

(※先日ヴィレヴァンで購入したミシュランカップですw)

ミシュランレーシングのテクニカル・ディレクターであるニコラ・グベールにヴァレンシアでのテストについて話を聞いた。ヴァレンシアテストでは多くのMotoGPクラスのライダー達が良いタイムを記録しているが、ミシュランタイヤの特にフロントタイヤに関しては少し懸念点もある。

Q

「非常に重要ですが、チャンピオンシップの心配なしに実施出来る初めてのミシュランタイヤテストでした。テストについていかがでしたか?」

ニコラ・グベール

「とても重要なテストでした。皆が2016年に集中していて天候に恵まれたのも幸いでした。ラップタイムが非常に速かったというのがポジティブな点で、15人のライダーが31'0〜31'9の1秒の間に収まるというタイムでした。ほとんどのライダーがミシュランタイヤは初めての状態でしたので、いくつか変更が必要な点もあります。それに彼らもセッティングやライディングスタイルを少し変更していく必要があるでしょう。そうした理由から、いくつか不幸なクラッシュがありました。ただ速いタイムも含め、スタートとしては上出来だと思います。」

 

Q

「多くのライダーがリヤについてはポジティブな意見を述べていましたが、リヤに関してはまだ開発が進むのでしょうか?」

ニコラ・グベール

「現状90%の仕事は終わっていますが、あらゆる状況に対応するためにもう少し開発が必要です。これから数ヶ月多くのテストがありますが、フロントはまだ開発が必要です。オフィシャルテスト、各チームとそれぞれ違う場所で行うテストもありますので、全体のパッケージを高めていきたいと思います。」

 

Q

「既に決定されていることはありますか?」

ニコラ・グベール

「プロファイルは既に決定していて、これからコンパウンドを決めていくところです。これはフロントタイヤのことで、もう少しライダーがタイヤに自信を持てるようにしたいと思っています。現状でも彼らは良いタイムを出していますが、レースの中で他のライダーと競り合って行くにはタイヤへの自信が必要ですからね。」

 

Q

「レインタイヤ、インターミディエイトタイヤの出来に関しては満足していますか?それともまだテストが必要ですか?」

ニコラ・グベール

「より多くのテスト時間を持てるというのは素晴らしいものですが、ブルノではPramacの2人のライダーとテストを行いました。彼らは膨大な周回数をこなし結果も素晴らしいものでした。すでにレインタイヤに関しては素晴らしいものが出来たと考えていますが、ライダー全員にテストの機会があると良いですね。」

www.motogp.com