気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★スズキ 2017年型GSX-R1000コンセプト詳細情報

Sponsored Link

スズキの2017年型GSX-R1000という事でEICMAで発表された新型GSX-R1000のコンセプトモデルの詳細情報をお届けします。先にお伝えしておくと、現時点では正確な車重や馬力のスペック、シャーシがどう進化したのか等については公開されていないようです。ただ、ライバル勢のこともありますし、可変バルブタイミング、セカンダリーインジェクターなどによって200馬力超えは確実じゃないかなと思われます。フロントカウルはなんとなくK7っぽいですね。

★スズキ 2017年型GSX-R1000詳細情報

MotoGPのデザインが盛り込まれた新型エンジン

GSX-Rシリーズはローエンドからミドル、そしてエキサイティングなトップエンドまで豊かなパワーを発揮するバイクとして知られている。新型のGSX-R1000のエンジンはローエンド、ミッドレンジのパワーやトルクを犠牲とすることなく、過去最高のトップエンドのパワーを実現した。

★スズキ 2017年型GSX-R1000詳細情報

MotoGP由来のシステムはブロードパワーシステムと呼ばれるもので、スズキのレーシング可変バルブ機構(SR-VVT)と組み合わせられる。スズキレーシング・フィンガーフォロワーバルブトレイン、スズキ・エキゾーストチューニングアルファ(SET-A)、スズキトップフィードインジェクター(S-TFI)などがブロードパワーシステムを形作っている。これは高回転時のパフォーマンスとトップスピードを、ローエンド、ミッドレンジのパフォーマンスを犠牲にすることなく実現するためのシステムだ。その結果は素晴らしく、リニアなパワー特性と強化された加速性能を全域に渡って実現している。

スズキ・レーシング可変バルブタイミング(SR-VVT)

スチール製のボールがインテークカムスプロケットの溝と隣り合ったガイドプレートの間に収まっており、ある一定の力がかかると外側に動く。これは低速と高速で移動する溝が異なり、高回転では吸気カムが回転し、吸気カムのタイミングを遅らせる。吸気カムのタイミングはこのようにして低回転から高回転まで最適化される。

スズキ・レーシングフィンガーフォロワー・バルブトレイン

新型GSX-R1000のバルブトレインシステムは、先代モデルの”バケットタップ方式”から”フィンガーフォロワーロッカーアームシステム”へとバルブコントロールの向上、より高い回転数の実現のために進化した。移動物が少なくなった事でバルブのリフト量の増加、高回転、最大出力の向上を実現している。またバルブのレスポンスとコントロール性についても全域において大きく向上している。

 

★スズキ 2017年型GSX-R1000詳細情報

スズキ・エキゾーストチューニング-アルファ(SET-A)

スズキのエンジニア達は2個のサーボ可動のSET-Aバタフライバルブをヘッダーのバランスチューブに設けた。SET-Aバルブは低回転、中回転では閉じており、高回転時に開かれパワーの増加を助ける。

スズキ・トップフィードインジェクター(S-TFI)

セカンダリーインジェクターがエアボックスのトップに設けられており、高回転時に燃焼室に燃料を送り込む。デュエルインジェクターはトップエンドのパワー増加を低回転から中回転を犠牲にすることなく実現している。

 

★スズキ 2017年型GSX-R1000詳細情報

完全新型のシャーシ

6世代目のGSX-R1000はトップパフォーマーという言葉を再定義した。これはGSX-R1000、そして二輪車の歴史の中でのGSX-R1000の立ち位置に情熱を捧げるスズキのエンジニア達のライフワーク、プロフェッショナリズムを体現するものだ。そして同時に、ライディングとレースを愛し、GSX-R1000をスポーツバイクの王者という本来の位置へ返り咲かせると決心した者に捧げるバイクである。この新型GSX-R1000は史上最もコンパクトでエアロダイナミクスに優れ、最高のハンドリングを備えたGSX-R1000となった。

 

★スズキ 2017年型GSX-R1000詳細情報

SHOWA BFF (バランスフリーフロントフォーク)

GSX-R1000は最新のショーワ製BFFフォークを搭載する。これはレース用に開発され今や多くのメーカーに採用されているものだ。このフォークはコンスタントなダンピング性能、優れたコーナリング性能を発揮する。

 

★スズキ 2017年型GSX-R1000詳細情報

SHOWA BFRC Lite (バランスフリーリヤサスペンション)

BFRC Liteはショーワのバランスグリーリヤサスペンションの最新の機種だ。以前のモデルよりも軽量になっており、ユニークな油圧経路によるプレッシャーバランスフリクションを最小化している。ダンピングフォースが向上しており、スムーズさ、レスポンスも向上している。

 

★スズキ 2017年型GSX-R1000詳細情報

スズキ・ドライブモードセレクター(S-DMS)

スズキドライブモードセレクター(S-DMS)は3段階の出力セッティングが選択出来、レーストラックの作りやワインディングなどライダーの好みや状況によって選択出来る。操作は左のハンドルバーにあるスイッチによって可能で、ECMに3段階のマップがセットされている。10段階のトラクションコントロールと合わせて、S-DMSは多彩な選択を提供する。

10段階のトラクションコントロールシステム

新型のGSX-R1000はスズキの先進のトラクションコントロールシステムを搭載している。これは路面の状況やグリップレベル、ライダーの好みや技量のレベルによって10段階で選択が可能だ。これらのパワーモードとトラクションコントロールはライディング中にスロットルが閉じられている限り変更が可能だ。

 

★スズキ 2017年型GSX-R1000詳細情報

クイックシフターシステム

新型GSX-R1000は新しいクイックシフターシステムを備えている。クイックシフターはシフトアップ、シフトダウンの両方でクラッチを使用せずに使用可能。このシステムは50〜75ミリセカンドで出力をカットし働く。繊細な調整によって、トランスミッションのギヤドッグに負荷を変えずに、フルスロットルの状態で綺麗なシフトアップが可能だ。クイックでスムースなシフトダウンのためにブリッピングやクラッチを使用せずにシフトダウンが可能となっている。これはシステムが自動的にシフトダウンの際にスロットルを僅かにオープンすることによるもの。

ローンチコントロールシステム

ローンチコントロールシステムはレースの現場でライダーのスタートを助ける。これはエンジン回転数を制限し、トルクの伝達を最適化することによるもので、ライダーはスロットル操作とクラッチ操作に集中出来る。 

 

★スズキ 2017年型GSX-R1000詳細情報

エアロダイナミクスデザイン

新型のGSX-R1000はMotoGPにインスパイアされており、レーストラックでの最適なパフォーマンスのためにエアロダイナミクスに最適化したデザインとなっている。新しいカウルはエアロダイナミクスを向上させるために、よりコンパクトで滑らかで幅が狭くなっている。リフト、ドラッグは先代のモデルに比べて小さくなっている。フェアリングマウントボルトさえも見直されており、フラットトップの造形が空気抵抗を低減させている。燃料タンクは薄くなり滑らかなシェイプとなっているため、ライダーがよりコンパクトに簡単に伏せることが出来るようになっている。ライダーが効率的に伏せられるということは、エアロダイナミクスの面でパフォーマンスが向上するということでもある。

LEDライト

新型のGSX-R1000はスズキで初めてのLEDヘッドライトを装備する。高出力のLEDはコンパクトで軽量となっており、バイクの重量の軽減とシャープなデザインに貢献している。また小型のLEDポジションライト、小型のLEDウインカーをカウルに装備している。またリヤのテールライトもLEDとなる。

★スズキ 2017年型GSX-R1000詳細情報

(※余談ですが、YOUTUBEにいくつかアップされている動画を見てみると、テールカウルのステッカーが"1000R"になっているのがわかると思います。これは何か意味があるのか無いのか。。)

www.suzuki-gb.co.uk