Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2015マレーシアGP 予選プレスカンファレンス翻訳

MotoGP2015 マレーシアGP プレスカンファレンス

Sponsored Link

さて、予選では圧倒的なタイムでポールを獲得したペドロサ選手。マルケス選手は色々な選手に後追いされながらも、3本タイヤを使用するプランに従って気にせずに走行を続けたとのことです。FP3、FP4にロッシ選手とマルケス選手が徐行走行していたという記者からの質問でロッシ選手が機嫌悪そうな表情をしているシーンがありますが、話を聞いている感じマルケス選手の説明を聞きながら、「そんなことあったっけ?」思い出しながら聞いていたためのようです。海外サイトで「ロッシとマルケスの間に何があった?!」みたいな内容の投稿がありましたが、実際のプレスカンファレンスを見てみたところ、なんて事はない内容でした。

ニック・ハリス

「ダニ、素晴らしい予選タイムでしたね。」

★MotoGP2015マレーシアGP 予選プレスカンファレンス翻訳

ダニ・ペドロサ

「他のライダーが早い段階から開始するのを見ていたんですが、それは3本のタイヤを使用するという戦略だからであって、自分はそれを見て2本のタイヤで行こうと決めたんです。そうしたらトラックが混んでいなかったので単純にラップに集中することが出来ました。通常は予選では苦戦するんですが、今日は良いフィーリングがあり最高のラップが出来ましたね。自分でも驚きましたけど、同時に他のライダーがどの程度のタイムなのかはわかりませんのでタイヤ交換の為にピットに入って再アタックをしましたが、1回目の走行のようなタイムは出ませんでしたね。とにかくポール獲得は嬉しいですね。明日良いスタートをしたいですね。」

ニック・ハリス

「Moto2のセッションの終わりには少し雨も振っていましたし、天候は難しそうですね。」

ダニ・ペドロサ

「確かにセッションの終わりには風が出てきて暗くなってきましたよね。ただ練習走行や予選でトラックのコンディションは変わっていますので、明日どうなるかですよね。明日のレースでどの程度のペースで走行出来るかです。」

 

ニック・ハリス

「ダニありがとう。マルク、2位獲得でしたが、ターン12で転倒しそうになったところをまたしてもセーブしましたね。」

★MotoGP2015マレーシアGP 予選プレスカンファレンス翻訳

マルク・マルケス

「今日はダニが素晴らしいラップでした。1本めのタイヤでプッシュしようとしたんですが、戦略としては3本のタイヤを使う形でしたので、1本目のタイヤの時はトラック上にホルヘ、イアンノーネなど沢山のライダーがいたんです。2本目で集中してプッシュしようとした時に転倒しそうになったので、今日はポールは難しいかもなと思ったんですよ。こうした事があると自身を失ってしまうもので、3本目のタイヤでは自信を失ってしまいました。ただこの状況でも2番手が獲得出来ましたし、レースペースに関しては満足しています。」

 

ニック・ハリス

「なるほど。ただ明日のコンディションは難しそうですね。」

マルク・マルケス

「3回走行するだけでもコンディションが変わっていきましたからね。そうしたコンディションに適応することが重要だと思います。どうなるかわかりませんが、明日のウォームアップでもまだ作業は必要です。FP4ではレースペースは良かったので勝利をい目指したいですね。ダニが強そうですが、ホルヘとヴァレンティーノもきっと強いと思います。」

 

ニック・ハリス

「それでは3位獲得のヴァレンティーノ。15分のセッションの最後にホルヘを1列目から蹴落としたという感じですね。」

★MotoGP2015マレーシアGP 予選プレスカンファレンス翻訳

ヴァレンティーノ・ロッシ

「そうですね。とても嬉しいです。特に今回はホルヘを下したということで、いつもより重要ですね。バイク、セッティングを非常に良くすることが出来たので嬉しいですね。ペースも悪くないですが、まだやるべき事はあります。ただバイクを早めに良い調子に持ってこれたので嬉しいですね。予選では3本のタイヤでアタックしました。最終ラップはミス無しで良いタイムでしたね。これが3位に入れたきっかけです。ただ、3位4位5位というのはそこまで大きく変わることでもないですし、明日のレースはハードな戦いになると思います。ホルヘもきっと速いでしょうからね。」

 

ニック・ハリス

「ダニもマルクもトラックコンディションが早く変わるために、これで完ぺきというものにはならないというような話もありましたが。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「そうですね。正直天候は全然読めないですね。今晩雨が降って明日に晴れれば、それだけでコンディションは変わりますからね。もしくは今日は持って明日のどこかしらのタイミングで降り出すとかね。もしくは明日の午後まで持つとか。ただ、ドライのセッションを希望しています。あらゆる状況には対処出来るようにはしておかないといけませんけどね。」

 

Q

「FP3とFP4で互いに並走している瞬間がありましたが、説明してもらえますか?」

マルク・マルケス

★MotoGP2015マレーシアGP 予選プレスカンファレンス翻訳

「FP3では00秒台前半で走行出来ていて、Q2へ続く大事なセッションですからね。遠くにヴァレンティーノが徐行しているのが見えたんで、自分もその後ろで抜かずに徐行したんです。自分のラップは悪くはないと思っていたんでね。FP4では彼がボックスから出るところの自分を抜いたんですよね。そこで彼がその後ターン4で少しワイドになっていたところで、自分はそのまま彼を抜いていっただけの話です。彼をターゲットにしているわけではありませんでしたからね。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「正直あまり覚えていませんが、マルクの言うとおり特に何も変わったことはありませんよ。」

 

Q

「最初の予選のセッションではなぜホルヘを助けたんでしょうか?シーズンを通してああいったことは無かったと思うんですが。」

マルク・マルケス

「チームの戦略として3本のタイヤを使用することになっていたんです。ただそうする場合、時間は非常にタイトになりますからすぐにピットを出て予選を開始したんです。その場合問題になるのはホルヘだけではなくて、イアンノーネやアレイシ、クラッチローもそうです。自分がターン5、ターン6でスローダウンすると誰も自分も抜きに行かないので、それであれば100%の力ではなく走行しようと思ったんです。スリップストリームに誰かを入れて引っ張ることがないようにね。で、次のタイヤで次のラップをもっとプッシュしようと思ったんですよ。誰かを自分のスリップストリームに入れて引っ張るのは嫌ですけど、今回は3本のタイヤを使うか、1本を諦めるか?という状況でしたのでね。」

 

Q

「Q2でイアンノーネと一緒に走っていましたが、あれは助けになりましたか?計画していたものなのか、偶然なのか教えて下さい。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「いつも自分が追われる立場でイアンノーネの後ろについて走れることはあまり無いんで嬉しくなっちゃったんですよね。(笑)ただ、トップ3に入るためにターゲットにしていた59秒台に入れたのもあって良いラップでしたよね。いや、ごめんトップ5だね。ただ特にセクター3とかは良いタイムだったからね。そのあともう1周アタックするつもりだったんだけど、その時はアンドレアが後ろにいなかったんだよ。 アンドレアに抜かれないだけのタイムで走れていたのは良かったですね。」

 

Q

「このトラックは体力的に非常に多くを要求するものとのことですが、序盤にエネルギーをセーブしたりということは考えていますか?」

ダニ・ペドロサ

「このトラックは路面がとても暑いというのもあって、午後に走行する場合は確かに体力を使います。ただ一度レースを初めてしまえば、自分がどのようなフィーリングであるか、レースの状況がどうかということです。トラックに出ていった時に良いフィーリングが得られなければ数周様子を見ることも必要でしょう。バトルをして順位をスタートの挽回する必要もあるかもしれません。ですから体力的に大変なレースであるかどうかよりも、自分がバイクの上でどのように感じるか?バイクやタイヤということが重要です。」

 

Q

「明日はチャンピオンシップを決める可能性もあるわけですが、それまでのスケジュールとしてはいかがですか?今晩は特に何か予定が?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「正直に言って明日楽に勝てるとは思っていません。ただ、可能性があるというようには思っています。夜はプレッシャーが高まって、トラックのことやコーナーの事、ヴァレンシアの事を考えると思います。でもこれは普通の事だと思います。それに今回の予選はより自信を与えてくれましたしね。昨日は何も問題が出なかったので逆に心配していたんです。ただ今日はチャタリングなどが出てしまって解決に時間を使いました。今晩はよく寝て、明日良い天候でレースを迎えられると良いですね。」

 

Q

「ホルヘとのギャップが、0.011とこの前のあなたとホルヘのポイント差と似ているのに気づいていました?それと1列目スタートに関してはいかがでしょうか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「そういった数字は確かにあるけども、あまり気にしていないですね。明日の目標はとにかくリードを広げることですね。でも同時にレースがどうなるかですよね。今年の自分のスタートは悪くないのでね。ただホルヘはいつもスタートが良いし、序盤からバイクへのフィーリングが良いので1コーナーから物凄い勢いで攻めて必ず抜きにくるでしょうね。でもレースは長いですし、MotoGPの1周目の1コーナーは非常に重要ですから、最大の力で攻めてどうなるかですね。」

 

Q

「予選の終わりには皆が良いタイムを更新出来ずにいた中で、あなたはなぜタイムを更新出来たのでしょうか?それはイアンノーネの後ろで走行したことが何かしらプラスに働いたということでしょうか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「多分コンディションとしては練習走行と予選は非常に似ていたと思うんです。ただライダーによっても異なるでしょうしね。ダニは最初に良いタイムを出してしまったわけで、特にそれ以上タイムを伸ばす必要も無かったでしょうし。自分にとってはラップごとにタイムを向上させていく必要があったということに加えて、バイクのフィーリングも良くなっていたんですよね。」

 

Q

「レースに集中してしまえば、今までのマルクとの出来事も忘れて落ち着いて彼と話すことが出来ますか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「どうだろうね。とにかくレースに集中するというのは皆がすることだし、自分にとって最高の結果を目指して戦うものだしね。」

 

Q

「ダニ、明日は自分の日だと感じますか?」

ダニ・ペドロサ

「明日にならないとわかりませんが、現状まではとても良い感じでセッションが進んでいます。練習走行も良かったしね。このトラックはバイクの良いセットアップと自信が無いと駄目なんですよ。ただとにかく集中していく事は重要で、ウォームアップの後で良いスタートをすることもそうです。ただそれとは別に本戦はまた別のバトルがありますからね。ヴァレンティーノ、ホルヘはきっと速いでしょうし。ただ多くのオーバーテイクポイントがありますので、完走することが非常に重要です。昨年は自分は早めの段階で転倒してしまいましたからね。」

 

Q

「2009年最後に勝った時はいかがでしょうか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ

「毎回感情としては似ていますね。ただ最初に勝った時はやはり特別です。もっと興奮しますし、寝付くことが難しいですね。エネルギーも感じると同時にプレッシャーも大きいですね。ただその後は目を開いて周りの状況がより見えるように、カラフルに見えるように、何が起きているかわかるようになっていくんですよ。でもそれは今晩ではないでしょうね。戦いはヴァレンシアまで続くと思います。」

ニック・ハリス

「皆さん以上ですか?それでは以上です。」