気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ホンダから「ライトウェイトスーパースポーツ」コンセプトが登場!

Sponsored Link

現在のCBR250Rが登場した時は4気筒じゃないという時点で多くのファンから悲鳴が聞こえたものですが、今回のモデルはどうなんでしょうか?車体を見る限り何ともわからないところではありますが、ご紹介する記事ではパラレルツインなのでは?と予想しています。世界中のレースカテゴリー、Moto3が4サイクルの単気筒エンジンであることなどを考えても、完全新型の4気筒250ccエンジンをホンダさんが作ってくるというのは少し考えにくいと言えばそうなんですが。。

ホンダから「ライトウェイトスーパースポーツ」コンセプトが登場!

メーカーからの小排気量のコンセプトモデルを比べてみるとホンダも素晴らしいモデルを発表しているのだが、カワサキやKTM、ヤマハと比較すると不足しているものがあった。今回のホンダの「ライトウェイトスーパースポーツ」コンセプトは日本の東京モーターショーにて登場するモデルだが、これはCBR250RRとして今までの流れを変えるモデルかもしれない。我々が現段階でわかっているのは、ホンダからの下記の発表だけだ。

ホンダからの発表

「”確かな存在感”をキーワードとしてデザインされた次世代のスーパースポーツコンセプトモデルは、フロントカウルのノーズ部分からのライン、低く構えた車体でスピード感を感じさせます。表面デザインは硬さを連想させ、エッジの立った造形はアグレッシブなルックスを際立たせます。さらには車体に描かれたローコントラストのマットブラックベースのデザインが目を引くポイントとなっています。」

 

今回の内容はホンダが小排気量で高回転型のスポーツバイクという伝統的なフォーマットのバイクを、ハードコアなライダー、そしてサーキット走行愛好家に向けて発表するという事と捉えられる。

 

このコンセプトモデルはCBR250RやCBR300Rとは異なるシャーシとなるようで、これは対象とするマーケットが異なるバイクになるということの前ぶれと言える。カウルの下がどのような内容なのかは想像するしかないが、この写真をPhotoshopで拡大して見た内容から判断するにパラレルツインのエンジンではないかと思われる。ホンダが東京モーターショーで更なる情報を明らかにしてくれる事を願うばかりだ。そして高回転域で切り裂くような音を奏でるCBR250RRの登場を願おうではないか。

BY JENSEN BEELER

www.asphaltandrubber.com