気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2015 サンマリノGPプレビュー

Sponsored Link

ミサノから最終戦まではチャンピオンシップの行方から目が離せない展開になりそうですが、地元レースとなるロッシ選手と、ミサノでは抜群の速さを誇りロレンゾ選手の一騎打ちになるのか、もはや失うものは何もないマルケス選手がどう絡むのか?熱い展開のレースが期待出来そうです。

f:id:teletele916:20150908210850p:plain

モヴィスターヤマハのヴァレンティーノ・ロッシは、チームメイトのホルヘ・ロレンゾからチャンピオンシップのリードを勝ち取った状態でホームグランドでのレースを迎える。

MotoGPは13戦目をミサノサーキットで迎える。このサーキットは1972年に建造され1980年にイタリアGPの舞台となった。今回はミサノサーキットでの19回目のワールドチャンピオンシップイベントの開催となる。サンマリノGPとして初めて開催されたのは1982年。その後ミサノサーキットで1985年から1987年にレースが行われた。2007年には再びワールドチャンピオンシップの舞台としてレースカレンダーに復帰し、それ以降は継続してレースの舞台となっている。

 

サンマリノGPでは、MotoGPのタイトルをホルヘ・ロレンゾ、ヴァレンティーノ・ロッシの両名が争う。ロッシはイギリスで今シーズン4勝目を上げ、ロレンゾに対して12ポイントのリードを築いている。ロッシはここから僅か10kmのタヴッリアの生まれで、毎戦ロッシの地元ファンで盛り上がる事で有名だ。

 

ロッシ、ロレンゾ共に最高峰クラスでのこのサーキットでの勝利は3回。昨年はロッシがロレンゾに1.5秒の差をつけて優勝。これは2009年以降初めてのホームでの勝利であった。対するロレンゾの勝利は2011年から2013年の3年連続勝利。このサーキットはヤマハが得意なサーキットであり、2007年にワールドチャンピオンシップの舞台に戻って以来、ロッシ、ロレンゾが勝利しなかったのは僅かに2回。レプソルホンダのダニ・ペドロサが勝利したのは2010年。2007年にはDucatiのケイシー・ストーナーが勝利している。

ロレンゾはこのサーキットで素晴らしい結果を残しており、クラスを跨いで4回の優勝を遂げている。(2007年に250cc、2011-2013年にMotoGP)2007年以降、彼が2位以下になった事は一度も無い。

 

レプソルホンダのマルク・マルケスはチャンピオンシップ優勝の可能性をシルバーストーンでの転倒で失っているものの、2015年のチャンピオンシップにおいて重要な位置を獲得できる可能性は残されている。

マルケスは現在ロッシから77ポイント差で残り6戦の状況。マルケスが最高峰クラスで勝利していないのは、ミサノ、茂木、フィリップアイランドの3つ。マルケスはミサノで2010年に125ccクラスで優勝。2011年2012年はMoto2で優勝。彼のMotoGPクラス最高位は2013年の2位だ。昨年はロッシとのトップ争いの末に転倒し、その後15位となった。

 

Ducatiのアンドレア・ドヴィヅィオーソは、シルバーストーンで今期5回目の表彰台獲得の後ミサノに向かう。彼は表彰台獲得の経験は無いが、4位を4回経験している。チームメイトのアンドレア・イアンノーネはMoto2時代に2回の2位表彰台を獲得しており、昨年はプラマックDucatiのライダーとして予選フロントローから5位を獲得している。

チームスズキエクスターのアレイシ・エスパロガロは今期10位以内で8回完走している。彼はミサノで10位以内で完走したことは一度もなく、彼自身の最高位は2009年、2010年の11位だ。ルーキのチームメイト、マーヴェリック・ビニャーレスはMoto3時代の2013年に2位を獲得しており、昨年のMoto2では4位を獲得。

 

モンスターヤマハ・テック3のブラッドリー・スミスは115ポイントでサテライトチームのライダーとしては、83ポイントのダニロ・ペトルーチを32ポイントリード。スミスのチームメイトのポル・エスパロガロは現在81ポイントで、74ポイントのLCRホンダのカル・クラッチローを従えている。

ポル・エスパロガロは2013年にMoto2クラスで勝利しており、昨年はチームメイトのスミスを押さえて6位フィニッシュしている。

 

エクトル・バルベラは23ポイントでオープンクラスの順位において現在15ポイントのフォワード・レーシングのロリス・バズを8ポイントリード。アスパーMotoGPチームのニッキー・ヘイデンは12ポイントで、LCRホンダのルーキーであるジャック・ミラーと争っている。

サンマリノGPは今週木曜日からで、現地時間17時にプレスカンファレンスが行われる。練習走行は金曜日の現地時間午前9時から開始となる。

www.motogp.com

Remove all ads