気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★イギリスGP2位 ダニロ・ペトルーチ「最終コーナーで笑いだしてしまった」

Sponsored Link

型遅れのバイクでファクトリーバイク相手に互角以上の戦いを披露したペトルーチ選手の走りは素晴らしかったですね。雨のレースは何があるかわかりませんが、こういったドラマがあるのが面白いですね。

f:id:teletele916:20150831133101j:image
雨というのはモーターサイクルレーシングにおいて、パフォーマンスの差を縮める為に大きな役割を果たす。トップスピードの差や、マシンの性能差は小さくなり、ライダー自身のスキルが非常に重要な意味を持つようになる。
2015年シーズンにおいてプラマックレーシングのダニロ・ペトルーチは毎戦ポイントを獲得するなどコンスタントな成績を残している。ドライコンディションではGP14.1を操縦するペトルーチは表彰台争いに参加する事は無いが、激しい雨の中の決勝レースで表彰台争いに参加し、ファクトリーマシンを操縦するロッシを追い回す走りを見せた。
 
何も失うものが無いペトルーチのブレーキングは非常に深く、何度かレースのベストラップを記録した。同じくDucatiのドヴィツィオーゾはペトルーチのあまりのレイトブレーキングに、彼のすぐ後ろにつけて走るのをためらった程だ。ペトルーチは昨年は戦闘力の低いマシンであったが、今年はプラマックで走るにあたり彼自身も10kg以上体重を落としてレースに挑んでいる。ファクトリーライダー以外で2位完走したのは、2014年アラゴン戦のアレイシ・エスパロガロ以来となる。
 

ダニロ・ペトルーチ

「ヴァレンティーノが毎周近づいてきたのが信じられませんでした。その後ドヴィツィオーゾが接近してきて、雨が強くなってフロントに不安を感じたんです。最終ラップの最終コーナーでは、この結果が信じられなくてヘルメットの中で笑いだしてしまいましたよ!」
Remove all ads