気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2015イギリスGP 予選プレスカンファレンス翻訳

Sponsored Link

Q2では圧倒的なペースでポールを獲得したマルケス選手。とは言え本人からするとミスが多かったようです。本人も語っているようにミスが多い時にポールが獲得出来ないこともあれば、ミスをしてもポールが獲得出来ることがあるというのは、面白いですね。

f:id:teletele916:20150830115336p:plain

ニック・ハリス
「Q2は素晴らしいペースでしたね。」
マルク・マルケス
「完璧なラップでは無かったと思いますが良いラップでした。昨年と比べると約0.5秒速かったですね。ただホルヘも非常に良いペースなので明日はしっかりと集中しないといけませんね。明日がドライであれば非常に良いペースで彼は走行するでしょうし、決勝になると彼は非常に強いですからね。またダニもヴァレンティーノも速いですし。」

 

ニック・ハリス
「レースペースとタイヤの選択が重要だと思いますが、ハードタイヤで良いタイムで走行出来ていますね。」
マルク・マルケス
「FP3からすべてがクリアになり、ソフトのリヤにミディアムのフロントで良いペースで走行出来るようになりました。FP4でハードのリヤタイヤを試してみて2:01秒台で走行出来たのは驚きでしたね。明日は路面温度が高くなることも可能性としてはありますから注意が必要だと考えています。ただこれはあくまで明日に備えてのオプションですけどね。」

ニック・ハリス
「確かに天候は重要なポイントになりますね。シルバーストーンは特別なサーキットだと思いますが、高速なこのトラックを走るというのはどういったものなんでしょうか?」
マルク・マルケス
「そうですね。セクター2は非常に高速な中で向きを変えていきますからトラック全体でスピードを感じることが出来ます。ただ同時にハードブレーキングが必要なポイントもあって楽しいサーキットですね。ただこのサーキットで最もトリッキーな点は天候ですから。明日は晴れそうではありますけど、当日になるまでわかりませんね。」

f:id:teletele916:20150830115421p:plain

ニック・ハリス
「マルク ありがとうございました。それではホルヘ、ヴァレンティーノとポイントも並んでいますが、フロントローを獲得して非常に嬉しそうですね。」
ホルヘ・ロレンゾ
「そうですね。まず最初のラップで非常に良い走行が出来ました。マルクのタイムに非常に接近したタイムでしたからね。3位になってダニのペースに驚かされました。そこでもっとプッシュする必要があると感じ、0.2秒向上させて2位を獲得出来ました。今回はマルク、ホンダが1周のタイムが非常に速かったのでポール獲得は難しいかなと感じていました。ただ自分のタイムでも1列目を獲得するには十分なタイムでしたね。明日に向けてもう少し改善を進めることが出来れば良いペースで走行出来ると思います。」

 

ニック・ハリス
「今週のレースペースに関しては満足しているんじゃないでしょうか?」
ホルヘ・ロレンゾ
「悪くないですね。FP4はオールドタイヤで朝から走行を初めてみて同様のグリップが無いと感じたんです。ただ新品タイヤであれば最高のフィーリングですので、レースではコンスタントなペースが刻めるかどうかというところです。」

ニック・ハリス
「明日のウォームアップ走行は天候の事もあり、非常に重要なものになりますね。」
ホルヘ・ロレンゾ
「マルクも言っていたように、明日はドライのレースであれば皆にとって最高です。雨だと困るわけですが、あらゆる状況に対処しなければなりませんからね。」

f:id:teletele916:20150830115506p:plain

ニック・ハリス
「ホルヘありがとうございました。それではダニ、まずフロントローに帰ってこれたということは嬉しいでしょうね。」
ダニ・ペドロサ
「ええ。このトラックはいつも予選はあまり良い結果が残せないことが多いんです。そうなると日曜のスタートでは非常に苦戦することになります。決勝でもかなりタイムを失ってしまいますからね。ですから良いペースを1本目のタイヤで出せたことは非常に重要なことです。もちろんこの順位は嬉しいですが、FP4でリズムを向上させようと努力してきたというものの結果だと思います。タイヤは今朝使用したものを使用したんですが、タイムを向上させることが出来ました。今日はとにかく嬉しいですが 明日の天候が気になりますね。」

 

ニック・ハリス
「ブルノでは足の怪我の後素晴らしい走行をしていましたが、今回は影響はありますか?」
ダニ・ペドロサ
「ライディングには支障ないですね。」

 

f:id:teletele916:20150830115538p:plain

Q
「マルクとホルヘに質問です。過去数年はここで素晴らしい限界のバトルがありましたが、そういったものから明日に向けて何を学びましたか?」
マルク・マルケス
「(※ホルヘに向かって)何を学んだ?(笑)」
ホルヘ・ロレンゾ
「ポール獲得したんだから、先に答えろよ(笑)」
マルク・マルケス
「すべてのレースは毎回異なりますし、最終周には凄いバトルがあるものです。ただバイクのセットアップは毎回異なりますし、バイクに対するフィーリング、どの程度タイヤを温存出来たかも異なります。2013年は最終コーナーでロレンゾに負け、2014年は自分が勝ちました。毎回状況は異なりますから、(※あらゆることに対して)準備をしておくということが重要でしょうね。」
ホルヘ・ロレンゾ
「お互いに学んだ事はしっかりとラインを閉じて走行するということですね。言うのは簡単ですけど、いくつかのコーナーはコーナリングスピードを落とさないためにそういった事が難しい時があります。明日はお互いのペース次第ですが、また別のバトルが出来るかもしれませんね。」

 

Q
「先程完璧な走行では無かったと語っていましたが、どこをミスしたんでしょうか?」
マルク・マルケス
「セクター4でミスをしたんです。あれが無ければ0.1秒は速かったと思いますが、限界で走っているときはミスはつきものです。バックストレートにエントリーする前にシフトミスもありましたし。ただそれを差し引いてもポールを獲得出来たのはとても重要です。セクター1は向き変えが多いセクションですので、スタートで良い位置にいるのは非常に重要ですから。」

 

Q
「FP3ではあなたが素晴らしいペースで、FP4ではマルクが素晴らしいペースでした。これは明日のレースに向けての懸念材料では?」
ホルヘ・ロレンゾ
「FP4では後半に新品タイヤを使用したんです。それがペースの違いとなって出たんではないでしょうか。自分は他のタイヤも試していたのもありますから。マルケスはハードの新品タイヤをFP4にとってありましたから良いフィーリングを得たようですね。自分の場合は朝に2周走行したタイヤを使っていましたから。ここでは古いタイヤで走りだすとかなり感覚が異なるんですよね。それに試していたセッティングがあまり良くなかったというのも理由としてあるかと思います。」

 

Q
「あなたは完璧なラップではなかったと言いますが、TVで見る限りはかなり完璧なラップに見えたんですが。」
マルク・マルケス
「これは難しいんですけど、ブルノではここよりもミスが少なかったのにポールを獲得することが出来ませんでした。ここでは1回目の走行で多くのミスがあったにも関わらずポールを獲得出来ました。いつも努力はしていますけど、完璧なラップというのはそう簡単に実現出来るものではないんです。」

 

Q
「マルクやホルヘに対して優勝をかけて争うことが出来ると思いますか?」
ダニ・ペドロサ
「明日の天候はわかりませんので、実際にレースを迎えてみないと何とも言えません。ただ良い予選結果ではあるので、スタートと1周目でこの位置を最大限に活かさないといけません。自分のレースペースはそこまで良くありませんが、雨になった時に備えて準備が必要ですね。」

Remove all ads