気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2015インディアナポリスGP 予選後プレスカンファレンス翻訳

Sponsored Link

結構あっさりとした予選後のプレスカンファレンスとなりました。マルケスは選手は滑りやすいこのトラックが好きだと語っていますが、他の選手とはやはり乗り方が根本的に違うんでしょうね。ペドロサ選手は記者から「チャンピオンシップにおいてマルケスのサポートをするのか?」といういささか失礼な質問に「そんなわけないでしょ(笑)」という感じでジェントルマンな対応をしていましたw

f:id:teletele916:20150809232602p:plain

ニック・ハリス
「再度ポールポジションを獲得しましたね。今までとはまるで別人のような感じですね。」
マルク・マルケス
「夏休みの後にこうしてまたザクセンリンクように自信を感じることが出来るのは良いですね。ここではうちのバイクは速く走れそうだと感じます。昨日からホルヘが非常に強かったわけですが、似たようなペースになってきました。明日のレースが楽しみですね。ポール獲得は嬉しいですが、最終周はおそらく皆リヤグリップの不足に苦しむでしょうから明日はタイヤの選択がカギになるでしょうね。ただその中でもベストを尽くしていきます。」

ニック・ハリス
「昨シーズンはバイクに乗りたいように乗っていて、自信に溢れ、ミスも気にならないような走りをしていましたね。(※みたいな意味かと。。)
マルク・マルケス
「オランダ戦から昨年のようなフィーリングを取り戻すことが出来ました。シーズン前半はコンスタントなペースでの周回が難しかったんです。オランダ戦以降は1周のタイムはそれほどかわらないにしても、コンスタントに走れています。ただバイクの問題はまだそこにある状態ですね。徐々に良くなってはいますけど。」

 

f:id:teletele916:20150809232638p:plain

ニック・ハリス
「それではダニ・ペドロサ選手 ポール獲得まであと少しでしたね。」
ダニ・ペドロサ
「予選は上手くいったんですけどターン10でミスがありました。ただフロントローを獲得出来ましたし、3本のタイヤでそれぞれ同じようなタイムで走行することが出来ました。パフォーマンスに関しては満足していますね。FP4ではリズムを維持出来るセッティングを意識しました。あと0.1秒、0.2秒稼ぎたいと思っているので、まだまだ解決すべきことはありますけどね。明日にはもう少し調整を進めてレースに挑みたいですね。」

 

ニック・ハリス
「天候にもよりますが、マルケスが言うようにタイヤの選択は重要ですね。」
ダニ・ペドロサ
「そうですね。現状はトラックのグリップが悪くてリヤが滑りやすいんです。ですから明日のレースには良いペースを維持すること、コンスタントに走行することが大事です。あとは良いスタートをすることが重要ですね。」

 

ニック・ハリス
「今回もホンダの1、2という順位になりましたね。」
ダニ・ペドロサ
「シーズン前半もこういう形を目指していたんですが多くの問題があったんですよね。今は問題の原因がわかっているので、それを解決するために色々と手を加えて乗りやすくしているところです。ただマルケスも言っていたように、まだマシンにはその性格が残っています。とは言え以前に比べると強い走るが出来るようになってきていますので、ポジティブに考えています。」

 

f:id:teletele916:20150809232705p:plain

ニック・ハリス
「2ストップ戦略を使用して、最後に一列目に浮上しましたね。」
ホルヘ・ロレンゾ
「そうですね。2本目のタイヤのアタックの時点では8位でしたから多くのプレッシャーがありました。決勝で7位8位スタートとなるとレース前半で大きな問題になりますので、この結果に関しては自分に誇りを持っています。正直言うと昨日からもう少しバイクを良く出来ると思っていたんですよ。色々と手を加えたんですけどね。明日のウォームアップではもう少しバイクに手を入れたいですね。ハードタイヤは10周、15周目以降になると非常に良いペースで走ることが出来ます。ウォームアップでは0.1秒から0.2秒ほどタイムを縮めることが出来れば、明日のレースでは良いですよね。」

 

ニック・ハリス
「ヴァレンティーノは少し苦しんでいるようで、あなたは13ポイント離されて追っているわけですが、今回のレースはチャンスになるかもしれませんね。」
ホルヘ・ロレンゾ
「自分のモチベーションとしては優勝すること、ベストを尽くすことです。ヴァレンティーノは今はあまり良いペースではないかもしれませんが、決勝ではいつも良いペースで走りますからね。ですから彼の前で走り続けるのは簡単ではないと思います。ウォームアップでの改善が出来ればマルケスについていくこと、速く走ることが出来るかもしれません。」

 

Q
「ダニがチームにいることの重要性はどのようなものでしょうか?(※記者の英語の訛りが酷すぎて、ほとんど意味がわかりません。。)
マルク・マルケス
「もちろん良いですよ。前半戦は自分も苦しんでいましたけど、調子が戻ってきましたし、ダニも同様に調子を取り戻してきましたね。良い方向に向かっていると思いますけど、ダニのほうが自分よりも速いことがありますね。」

 

Q
「2014年型のほうが安心して乗れたということですが、2015年型は2014年型のような方向で改善していきたいですか?」
マルク・マルケス
「確かに2014年型のシャーシを使っているんですが、エンジンは2015年型です。恐らくこのバイクの性格はエンジンから来ているものだと思うんですよね。ただ昨年と比べるとタイムは非常に似ているんです。今日はミスもありましたけど一周のタイムだと0.2秒ほど遅いんですよ。今日は昨年よりも速く走れるかと思ったんですが、そうはいきませんでしたね。」

 

Q
「ゴールとしてはマルケスとチャンピオンシップリーダーとのギャップを縮める事でしょうか、それともレースで優勝することでしょうか?」
ダニ・ペドロサ
「答えは分かってるでしょ(笑)勿論レースで優勝したいですよ。出来るかぎり前にいたほうがチームにとっても良いでしょうし、自分としてはベストを尽くして走るだけです。フロントでレースをして表彰台に立つなり優勝するなりというのはいつでも良いことですよ。」

 

Q
「ホルヘ、明日の目標はヴァレンティーノとの差を縮めることですか?それともマルクに勝つことですか?」
ホルヘ・ロレンゾ
「明日はとにかく良いスタートをすること、そしてゴールとしては優勝することですね。ヴァレンティーノとは13ポイント差でマルケスは離れていますけど、ここ数戦の結果を見る限りだと彼はこの先も勝つでしょうから出来る限り良い結果を出すことが明日の目標ですね。」

 

Q
「ダニにチャンピオンシップにおいて助けて欲しいと思いますか?それともホンダにダニにチャンピオンシップにおいて自分を助けるように伝えて欲しいと思いますか?」
マルク・マルケス
「いや。そういうシチュエーションではないですね。ダニはダニで最終戦に向かって多くのレースで勝てるだろうし、今は自分たちの調子をあげて出来る限り良いレースウィークを過ごすこと。それが普通に考えて皆がすることでしょう。」

 

Q
「この滑りやすいトラックが好きだと言っていましたが、具体的にどのあたりで走りやすいと感じるんでしょうか?」
マルク・マルケス
「ここは変わったサーキットなんですよ。常に滑りますしずっとスライドしていますし。限界点を探るのは難しいですけどね。普通のトラックであれば路面グリップも良いですけど、このトラックであればちゃんと調整してスライドを楽しめるようにしないと。明日はホルヘが強そうですけど、このトラックではいつも良いフィーリングを感じていますので、それをメリットとして使いたいですね。」

 

Q
「MotoGPのタイトル争いについてどう思いますか?」」
ダニ・ペドロサ
「なかなか答えるのが難しいですが、ホルヘは色々なトラックで良いリズムでポイントを稼ぎ始め、ロッシは勝ち続けているわけで、非常に面白いシーズンだと思いますね。自分達の差も縮んできているので、そういう意味でも面白いですよね。」

Remove all ads