気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★セパンテストday3 ペドロサ「テスト全体の仕上がりには満足」

Sponsored Link

ベストタイムはマルケス選手よりも遅かったペドロサ選手ですが、ロングランでのシュミレーション合計タイムはトップタイムを記録しています。昨年はレース前半のダッシュが弱く、先頭集団に置いていかれるレース展開が目立ちましたが、今季は一昨年のような抜群のスタートから序盤のレースをリードする走りを期待したいですね。

f:id:teletele916:20150209003459p:plain

セパンテスト最終日においてダニ・ペドロサは1:59.006を記録し、チームメイトのマルク・マルケスから僅かに0.139秒遅れというタイムだった。しかし、ペドロサのレースシュミレーションの平均タイムは2:0.996で、ロレンゾの2:1.116、マルケスの2:1.180、ロッシの2:2.110(スローダウンした2ラップを含む)よりも速いタイムだった。

 ダニ・ペドロサ

「レースシュミレーションにおける目標というものを特に定めていなかったので、とにかく良いリズムで走る事を意識していました。ペースが良いことは分かっていましたが、バイクからのフィーリングをとにかく感じることに集中しました。6、7周以降はだいたい感触がつかめたので、それに従うようにしました。もちろんレースにおいては2列目スタートにならないように、そして決勝では勝てるようにと思っています。」

 

「テストの全体の作業に関しては満足しています。もちろんやるべき作業はまだありますが、テスト全体では良い経験が出来たと思いますし、チームとしての働きも良かったと思います。マルケスのように58秒台も出せたと思いますが、ベストのタイミングを逃してしまったんです。とにかく59秒フラットが出せたことには驚きました。レースタイヤを履いてのタイムですからね。とにかく、良い結果だったと思いますよ。」

 

「今回のテストをホンダが良い結果で終えることが出来たのは良かったと思います。今回のテストで開発を進める内容や方向もハッキリしましたね。次回のテストではサスペンションのチューニングやシャーシ、エンジンマッピングに手を加えるでしょうね。ヴァレンシアではバイクに問題があって、その問題をちゃんと理解出来なかったんです。あの時は雨で一日時間を失ってしまいましたからね。今回はそういう意味もあって数種類バイクを持ち込んだんですよ。最終的にはマルケスも自分も良い感じに仕上がりましたね。」

 

「エンジンに関してはヴァレンシアと同じです。ただ、セッティングの面ではヴァレンシアの段階とは違います。ですから、これからはサスペンションのセッティングを詰めることと、レースに向けて最適なベースセッティングを作ることが必要ですね。今回はずっと晴れのテストでドライ用のタイヤで素晴らしいグリップだったわけですけど、その他のシチュエーションでのテストもしないとですね。」


MotoGP News - MotoGP Sepang Test: Pedrosa simulation sets benchmark

 

 

Remove all ads