気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2015 第一回目セパンテストday1 ヤマハ

Sponsored Link

ヤマハが2台とも好発進です。現在行われている二日目のテストではロレンゾ選手が1分台に突入したようですし、今年はホンダを追撃する体制はバッチリですね。これでフルシームレスのギアボックスが使えるようになれば、ホンダに完全に互角の戦闘力になりそうな予感。

f:id:teletele916:20150205083059p:plain

ヴァレンティーノ・ロッシは今回のセパンテストに特別デザインのスペシャルヘルメットで参加。開始から約3時間にわたり、マルケス、ロレンゾ、ペドロサ、ドヴィヅィオーソなどライバルを抑えタイムシートトップに留り、初日にして2’00.380という昨年のプレシーズンテストの最速ラップである1’59.533から0.9秒以下に迫るタイムを記録した。

 チームメイトのホルヘ・ロレンゾも、ロッシと同じく昨年ヴァレンシアでテストを行った2015年のプロトタイプYZF-R1をテストし初日から良いペースを刻んだ。ロレンゾは2’00.521を記録し、チームメイトのロッシから僅かに0.141秒遅れというタイム。

両者ともに午後のセッション前に休憩を挟み、その後のセッションの2時間をセットアップに費やした。最終的に2人は初日トップタイムを記録したマルク・マルケスについで2位、3位という位置に収まった。

 

ヴァレンティーノ・ロッシ
「初日はポジティブな結果ですね。またM1に乗れて凄くワクワクしています。今日は午前のセッションも午後のセッションも速いタイムで走行できたので非常に満足です。今日はユーズドタイヤでタイムを伸ばすことに注力しました。でも現状で十分に速いですし、新品タイヤを履いた時は凄く良いタイムを出せますね。最終的にはマルケスから少し遅れて2位タイムでした。でもそこまでは離れていませんね。(※差は0.118秒)今までとは違う部分でのマシンの進化があったように思います。まだまだやることは残っていますが、初日としては合格点でしょう。」

 

ホルヘ・ロレンゾ
「昨年とは全く違いますね。去年は問題だらけでしたけど、今年はバイクの上で快適ですしラップタイムも同様に良いです。今年はテストの最初から3位以内につけていますので、バイクの仕上がりは非常に良いと言えます。フィジカルコンディションは最高ですね。自信を感じますけど、初日というのはいつも難しいものです。ジムでは使わないような筋肉を使うので結構疲れるものなんですよ。でも例年のプレシーズンテストに比べると疲れを感じませんね。セパンはヤマハにとってはベストと言えるトラックではありませんが、2台のヤマハがトップ3にいるというのは良い兆候ですね。」

 

motogp.com · Strong start for Yamaha on first day at Sepang

Remove all ads