気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★Ducati GP15はセパンテスト1回目に間に合わず

Sponsored Link

年末のインタビューでも情報は結構出てましたが、DucatiのGP15はセパンの一回目のテストには間に合わないようです。GP15の詳細情報は1/19に公開されるようなので楽しみですね。

f:id:teletele916:20150115140041j:plain

予想されていたように、Ducatiは2月に開催されるセパンテストにGP15を持ち込まないということを明らかにした。MotoGP.comのインタビューによると、Ducatiの完全新型となる車両はまだ完成しておらず、セパンテストにはGP14.3と呼ばれる昨年型の改良版を持ち込むようだ。これは新型に採用される新しいデザイン(※管理人注 おそらくカウルの空力周りのテスト)を取り入れたものになる見込み。

 セパンテストに間に合わないという事に関してはジジ・ダリーニャとパオロ・チャバティもすでに最終戦ヴァレンシアや、12月に行われたダートトラックのイベントSuperprestigioでも述べている。GP15は完全新型のバイクとなり、デザイン、エンジンに関しても一新される。90度V型デスモドローミック機構の4気筒エンジンのレイアウトは継承される見通しで、エンジンは新型ギアボックスの恩恵もあり前後幅が短くなり、全体的にコンパクトになる見通し。

新型バイクのクランクシャフトは重くなり、スロットルレスポンスをスムーズにしてくるという予想もある。新型バイクのデザイン等に関するダリーニャの詳細なインタビューはMotoGPのウェブサイトに1/19日に公開される予定だ。

12月にパオロ・チャバティが我々に語った内容によると、新しいバイクはGP14に非常によく似たバイクになるが、明らかに小さく、リア周りとエキゾースト周りはかなり異なった印象をあたえるバイクになるということだ。GP15の登場時期は2/23のセパンの2回目のテスト時と予想され、このテストに間に合わない場合、アンドレア・ドヴィヅィオーソとアンドレア・イアンノーネがGP15に始めて搭乗するのは3/14のカタールGPとなる。

セパンの2回目のテスト時にはファクトリーライダーによるミシュランタイヤのテストも行われるため、Ducatiはそこまでにはなんとしても間に合わせてくるだろうと予想される。


MotoGP: Ducati’s Desmosedici GP15 Officially Delayed

Remove all ads