Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ケイシー・ストーナー 2015年型RC213Vでの茂木テストを完了

Sponsored Link

さきごろケイシー・ストーナー元選手が茂木で2015年型のRC213Vをテストしていましたが、将来的にマルケスとタッグを組んで欲しいと思ってしまいますね。
記事によるとミシュランタイヤのテストを行ったとありますので、17inch版でのテストも行ったということなのかと推測しますが気になりますね。

f:id:teletele916:20141103100253p:plain

ケイシー・ストーナー元選手が茂木で2日間に渡るテストを完了した。ストーナーはマルク・マルケスとダニ・ペドロサのセッティングで走行し、2人のライダーが2015年型のRC213Vで感じるであろうフィーリングの違いに集中してテストを行った。ストーナーは来シーズンに先駆けて最終戦ヴァレンシアの後に行われるテストでデビューとなる2015年型RC213Vの準備と、2016年から採用されるミシュランのMotoGPタイヤのテストを行った。ホンダはテストのラップタイムを公表していない。

2013年にほとんど雨の中でまともなテストが出来なかった事の埋め合わせとして、今回ストーナーは無償でテストを行った。

今回は良い天候の元でテストが行われ、ホンダの中本氏によるとホンダは引き続きストーナーをテストライダーとして起用していきたい方向とのことだが、合意には至っていないようだ。
ストーナーがレースの世界に戻ってくるのかは不明だが、彼は今現在は家族との時間を何よりも大切にし娘の成長を見守ることを最も大切にしているようなので、彼自身の引退には満足しているらしい。

 

ケイシー・ストーナー
「バイクから離れていたので、慣れるに少し時間がかかりました。慣れた後はスムーズにHRCが用意していたテストのスケジュールをこなすことができました。初日は特に上手く行って、2015年のプロトタイプマシンに対するマルケスとダニのセッティングを分析して、そこからいくつか興味深い違いや有用なデータの発見がありました。エンジンの開発も少しして、ホンダが新たに持ち込んだパーツもいくつか試しました。2日目は2016年用のミシュランタイヤを試しました。全日程を通して十分な周回をこなし、充実したテストが出来たと思います。」


MotoGP: Casey Stoner Finishes Two Days of Testing for HRC