Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2014 フィリップアイランドGP 決勝後プレスカンファレンス全文

Sponsored Link

転倒者続出の決勝でした。それにしても、決勝でいきなりフィーリングが変わったということで、ロレンゾ選手はタイヤに関して静かに怒っている感じでした。2位であるにも関わらずニコリともせず。こういう職人気質なところが、ロレンゾ選手のライダーとしての魅力でもあるんですが。。

 

今回はマルケス選手のシーズン優勝も終わったことだしって事なのか、プレスが少なめで質問もほぼなく終わってしまいました。管理人としては「左回りのサーキットでのきついブレーキングのターン4だから転倒が予選から多かったのか、アシンメトリックフロントの感触が良くなかったのか、単純に路面グリップなのか、ターン4で転倒が多かった理由についてどう思いますか?」とか聞きたいんですけど。。(※マルケスはLucky Heightsターン9での転倒でした。)

 

ニック・ハリス
「凄いレースでした。あらゆる事が起きうるんだと感じさせられたレースでした。」

f:id:teletele916:20141019180926p:plain

フィリップアイランドGP決勝1位 ヴァレンティーノ・ロッシ
「そうでしたね。今週はそこそこの調子で今日まで来たんですよ。でも昨日は予選でミスをしてしまってね。この頃、皆予選の1周のタイムが物凄く速いんですよね。8位スタートというのは非常に難しいですよね。スタートはそこまで悪くなかったんで1コーナーで少し順位を回復出来たんですよ。2コーナーで既にマルクとホルヘが遠くに行ってしまうのが見えたんですが、その後はかなり良いタイムが刻めて、3位走行時はホルヘから1秒遅れだったんです。そこまで離されてもいないと思ったので、ホルヘに追い付くことに集中しました。」

 

 「その後ホルヘに追い付くことが出来て、彼とは抜きつ抜かれつの良いボトルが楽しめました。ただ、今日は自分のほうがタイムが良かったので彼を抜くことが出来ました。今日はフロントタイヤの選択が非常に重要でしたね。多くのライダーがクラッシュしていましたが、自分はエクストラソフトで終盤までプッシュして走行することが出来ました。マルケスがクラッシュしたのには驚きましたね。ここフィリップアイランドは自分も大好きなトラックですし、最後で勝ったのは10年前ですから、素晴らしい結果だと思いますね。」

 

ニック・ハリス

「今日のレースは250戦目というレースになりましたね。」

f:id:teletele916:20141019181113p:plain

ヴァレンティーノ・ロッシ
「2001年と2004年にこのトラックで勝利出来たわけですが、その時はチャンピオンシップにおいて重要な勝利でしたね。2005年にも優勝しましたけど、それ以降には何度も表彰台には入っていたけど優勝したことは無かったんですよね。今回はチームの素晴らしいサポートもあってまた勝利することが出来ました。非常に嬉しいですね。」

 

ニック・ハリス
「チャンピオンシップにおいて2位になりましたね。」

ヴァレンティーノ・ロッシ
「そうですね。ホルヘとも接近していますしね。今日のダニは残念でしたが、それでも自分達のポイントは接近しているのでセパンに向けても今週のような調子を維持して行きたいと思います。」

 

ニック・ハリス
「セパンは今までの結果も良いですし、好きなトラックですか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ
「セパンは大好きなトラックなんだけど、フィジカルの面でも厳しい場所ですね。MotoGPマシンで走行するのは暑すぎるんですよね。今週のような調子を持続して日曜に戦闘力を発揮したいと思いますね。」


ニック・ハリス
「ありがとうございました。次にホルヘ・ロレンゾ 今日はタフなレースになりましたね。フロントタイヤに問題を抱えていたようでしたが。最後までバトルについていけませんでしたね。」

f:id:teletele916:20141019181154p:plain

フィリップアイランドGP決勝2位 ホルヘ・ロレンゾ
「今日はヤマハにとって1、2、3フィニッシュという素晴らしい結果になりましたね。長年こういう結果は無かったですからね。しかし、個人的には非常にガッカリする結果でした。全て完璧なセットアップを出すために仕上げていったにも関わらず、今日のタイヤで全てダメになってしまいました。ヴァレンティーノとは良いバトルが出来ましたが、周回を重ねるごとにどんどんフィーリングが悪くなってしまって、最終ラップではバイクをしっかりと走らせることが困難なほどでした。今日の結果は非常にラッキーだったと言えるでしょうね。今回の決勝結果でヴァレンティーノから5ポイントしか離されなかった事が救いですね。(※管理人注 決勝での獲得ポイントを言っている。総合では8ポイント差)残りの数戦で取り戻せばいいわけですからね。今回のレース前のような調子で再び戦いたいと思います。」

 

ニック・ハリス
「ホルヘありがとうございました。今日は確かにガッカリする結果でしたね。では次にブラッドリー・スミス 今日は素晴らしい結果となりました。」

f:id:teletele916:20141019181413p:plain

フィリップアイランドGP決勝3位 ブラッドリー・スミス
「そうですね。今日は妙なレースでしたね。最初のスタートは良かったのでプッシュして行こうとしたんですが、序盤の2周までで3、4回クラッシュしそうになりました。そこで少し落ちついていこうとしたんです。その後5位か6位争いの集団でのバトルになりました。あれは125ccとかMoto3みたいな抜きつ抜かれつのバトルでしたね。ステファンが右コーナーで深く突っ込んで来たのに巻き込まれなくて幸いでした。彼が明らかにオーバースピードでコーナーに進入するのが見えてアレイシに突っ込みました。あれに自分とドヴィヅィオーソも巻き込まれるところでしたね。その後はポルに追いつこうと集中していたんですが、彼も自分の目の前でクラッシュしていました。カルが最終ラップで転倒したのを知らなかったので、フィニッシュして1コーナーで電光掲示板に自分が3位と表示されてるのを見てビックリしたんですよ。その後ヴァレンティーノとホルヘしか前にいないのがわかって大喜びしました。」


ニック・ハリス
「MotoGPにステップアップしてこうして表彰台を獲得出来て素晴らしい気持ちでしょうね。」

ブラッドリー・スミス
「そうですね。優勝したらどんな感じなんだろうって考えるものだと思うんですが、今回はホームストレートで皆が喜んでるのが見えて。。いつもはガレージの中でスペイン国歌かイタリア国歌が流れるのを聞いてるだけなもんですから、最高の気分ですよね。」

 

ニック・ハリス
「ありがとうございました。それではフロアからの質問をどうぞ」

f:id:teletele916:20141019181530p:plain

Q
「ヴァレンティーノに質問です。ミサノで今回の勝利は2013年のアッセンよりもしっかりとしたものだったと語っていますが、今日の勝利はどうですか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ
「昨年と比べるとあらゆる面で強くなっていると思いますね。マルケスやホルヘに対しても非常に接近した戦いができていると思います。確かに今日はマルケスのミスが無ければ優勝は難しかったでしょう。でも今回の勝利は速さはあるけどリスクもあるフロントタイヤを選択をして勝っているわけだし、特にホルヘに関しては同じバイクでもあるわけですから。ましてやホルヘはここフィリップアイランドでストーナーと唯一勝負が出来ていたと言えるライダーですから、その彼に勝てたことは嬉しいですね。」

 

Q
「ヴァレンティーノに質問です。あなたは過去に何度もチャンピオンシップで優勝していますが、2位をかけて争うというのはどういう気持ちなんでしょうか。」

ヴァレンティーノ・ロッシ

f:id:teletele916:20141019181556p:plain


「単純に勝つということにはそれほど意味は無いんです。ただ今年の2位をかけたバトルは非常にハイレベルなものなんですよね。ペドロサやホルヘ相手に戦って2位を獲得するというのはとても価値のある事ですね。とにかくターゲットとすることは毎週末に強い戦闘力を発揮することです。」

 

Q
「ホルヘに質問です。ブリヂストンは今回のタイヤに関しては何の問題も無いと言っていましたが、今日の結果はセットアップやライディングスタイルの問題だったということでしょうか?」

f:id:teletele916:20141019181616p:plain

ホルヘ・ロレンゾ
「いつも通りですよ。他になんとも言えないですよね。」
(※管理人注 自分はいつも通りのパフォーマンスを発揮しているがタイヤのフィーリングが決勝でいきなり変わるのではどうにもならない。というような事だと思います。)

 

Q
「そうですか。。次にヴァレンティーノに質問なんですが、茂木でマルケスの前でフィニッシュしていれば彼のシーズン優勝は持ち越されたわけですけど、それに関して何か思う所はありますか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ
「それは考えますねぇ。おそらくアラゴンが問題だったんですよね。自分がアラゴンで表彰台に上がっていればチャンピオンシップはまだわからなかったでしょうし、マルケスにも毎戦プレッシャーをかけられたと思うんですよね。」

 

Q
「ヴァレンティーノ ロレンゾとのバトルは最近目にしなかったので見ている我々からしても面白かったんですが、今回のバトルはどうでしたか?」

ヴァレンティーノ・ロッシ
「非常に楽しかったですね。去年は彼は自分よりも強かったのでバトルというバトルになることはほとんど無かったんですよね。今日は確かにバトルという形でしたけど、バルセロナや茂木みたいに最初から最後まで彼が独走していたようなレースでは無く彼がフロントに問題を抱えていたわけですから、単純に比較は出来ないですね。」

 

ニック・ハリス

「他に質問はありませんか?それでは皆さんありがとうございました。」