気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2014 リヴィオ・スッポ 「クラッチローとの契約交渉はしていない。」

Sponsored Link

ホンダがブラドルやバウティスタの後釜でクラッチローを狙っているという噂を否定しています。

f:id:teletele916:20140707182042p:plainホンダはDucatiで苦しむクラッチローを救うという選択は考えていないようだ。

ヴィオ・スッポは、ブラドルとバウティスタの両名のパフォーマンスの内容次第では、今後のシートの確保は疑問としながらも、クラッチローを新たに迎えるのでは?という噂を否定した。

 

クラッチローは数年前にLCRホンダに移籍するかに思えたが、ブラドルがラグナ・セカでポールポジション獲得、表彰台フィニッシュしたことにより、その機会を逃していた。

散々なスタートとなったDucatiとの初年度だが、クラッチローは継続か契約破棄かを選ばねばならない。7月の終わりに有効期限を迎える契約のオプションを使えば、彼は今年一杯でDucatiを去ることが出来る。

 

28歳のクラッチローは今期は6位が一回、先日のアッセンでの9位獲得が目立った成績。彼は昨年はモンスターテック3ヤマハポールポジション、決勝で3位表彰台を獲得している。クラッチローがスズキと交渉をしていることは広く知られているわけだが、リヴィオ・スッポはMCNにHRCはクラッチローと契約に関する話をしておらず、彼のマネージャーのボブ・ムーアにもコンタクトしていないと述べた。

 

リビオ・スッポ
「カルとはホンダ移籍に関する話は特にしていませんね。確かに彼は興味深いライダーであることは確かです。正直に言って彼があれだけDucatiで苦戦しているのは驚き以外の何物でもありません。いずれにせよ、ホンダはカルと契約を結ぶということは現時点で考えていません。」

Remove all ads