気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★2015年は最大で4台のRCV1000Rが出走。

Sponsored Link

2015年にホンダはRCV1000Rの出走台数を増やす気はないようです。(MCNより。)

f:id:teletele916:20140706224418p:plain

HRCによると2015年のRCV1000Rのエントリー台数は最大でも4台ということだ。

なお、RCV1000Rは2015年に大々的な性能のアップグレードが行われる予定である。

 

このバイクはもともとファクトリーのRCV213Vのオープン機バージョンとして求めやすい価格でホンダがリリースした車両だ。レギュレーションによりソフトタイヤの使用が可能だが、現状ではそれ以外のニューマチックバルブやシームレスギアボックスを装備していない。

 

ただ、来年はニューマチックバルブの装備による最高速の改善と加速性能の改善が予定されており、今までトップスピードの遅さが致命的だったRCV1000Rにとっては待ち望んだ改善と言えるだろう。ニッキー・ヘイデン、アオヤマ・ヒロシの両名は来年もRCV1000Rで走行することを希望している。

 

ヴィオ・スッポ
「興味はありますが、来年もホンダはトラック上の台数は変えませんよ。最大でも8台、ファクトリーが最大で4、プロダクションレーサーが最大で4です。いくつかのサーキットではRCV1000Rは既存のライダー達が出しているタイムよりも良いタイムで走れるはずなんです。とはいえ、エンジンのスペックの引き上げは計画どおりに行います。」

 

Remove all ads