気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2014 カタルーニャGP FP2 インタビュー

Sponsored Link

カタルーニャGPのFP2の後の各選手ーのインタビューをちょろっとご紹介。

マルケスは3位ですがビッグディスクを試す前の状態。ビッグディスクを試して好感触なんて事になると、手が付けられなくなるかもしれませんな。。

f:id:teletele916:20140614114221p:plain

ホルヘ・ロレンゾ FP2  4位
「多くの問題が加速時に起きてしまってますね。このタイヤの場合は、バイクをスムーズに加速させるために多くの改善が必要ですね。ムジェロでは問題なかったんですがね。良いニュースとしては、皆似たようなペースだということですね。」

 

マルク・マルケス FP2  3位
「このサーキットはいつも苦戦するんですよね。今回はいつものサーキットよりもより苦戦してしまってますね。でも現段階で4位ですからそれほど心配はしていません。ダニはビッグディスクを使用してましたけど、自分はまだ試してないですね。明日試してみてアドバンテージを作れるかもしれませんけどね。」

 

ヴァレンティーノ・ロッシ  FP2  6位

「トラックは最高であることに変わらないけど、苦戦してしまってますね。とにかくトラックが熱くてタイヤのグリップが悪いですね。路面にバンプも多いですし。バイクをコントロールするのが結構難しいですね。現在のポジションにも順位にも満足はしていません。コーナーのエントリーがとにかく遅いですね。あらゆるデータの収集と今回使用出来る3種類のコンパウンドのタイヤの組みあわせなど、出来る限りの事はするつもりです。予選からの戦略も含めてバイクを良くする事に全力を注ぎます。今はバイクのカウンターウェイトの調整などでバイク全体の重量物の配置をいじったりしています。とにかくコーナーエントリースピードが遅すぎるのでね。」

 

ブラッドリー・スミス FP2  1位
「とにかく嬉しいですよ。カタール以来ですかねここまでの結果は。明日に向けてバイクの改善は色々とする必要がありますね。最終セクターでかなりのロスがある状態です。とはいえ、この結果は純粋に嬉しいですね。今シーズンに関してはバイクを物凄く変えています。シーズンはじめに燃料面でのアドバンテージは持てないということがわかったんです。だからヤマハからのニューパーツを試したりしました。これは結果的にはあまり機能しませんでしたが。だからシーズン初期のセッティングに戻してそこから改善をしていくようにしたんです。ウィンターテストの三日間は良いセッティングを作ったり、見つけたりがしやすいんです。非常に短い期間に置いては新しいパーツの正しい評価などがしにくいんですよね。今の苦しみが最後の苦しみであってほしいですよね。これからサマーブレークに入るので、その期間でさらに煮詰めて戦闘力を上げていきたいですね。」

 

カル・クラッチロー FP2  14位
「トラックはとにかくタイヤがベタベタするくらい熱いですね。ただこの天候に関してはある程度予想はしていましたけどね。このコンディションでのセッションというのはかなり厳しいものがありますね。まぁこのサーキットは大好きなので楽しんではいますよ。ターンインで曲がらないという点と、リヤのグリップが全くないのが問題です。全てのDucatiはリヤグリップが無いんじゃないかな。スロットルを全く開けられませんね。去年から比べると半分くらいの力しかないんじゃないかな。改善は続けていきますが、問題は今週末全体にかかってくるでしょうね。ハードコンパウンドでもソフトでも全く症状は同じ。リヤのグリップがなくスロットルを開けられないんです。」

Remove all ads