気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP2014 ムジェロ Q2後のインタビュー

Sponsored Link

さて、予選終了後の各選手のコメントです。
ロッシは結局10位スタートと振るわず、またしてもマルケスがポール獲得です。



「このサーキットは過去にかなり苦戦していたので嬉しいですね。これだけ歴史があるサーキットですしね。タイムが接近しているので一周目は大変だと思います。序盤は落ち着いて走るように心がけて、他のライダーがどんなものか様子見ですね。ここのサーキットで勝つのはかなりむずかしいと思います。ロレンゾもロッシもペドロサも、レースではかなり接近してくるでしょうから。」


予選2位 アンドレア・イアンノーネ
「まずは嬉しいですね。1列目からスタートするということはとても大事なので良い結果に満足しています。今年は本戦ではクラッシュが多いので、今回はその部分を意識して走行したいと思います。」


予選3位  ホルヘ・ロレンゾ
「今日の順位の秘訣は全コーナーで全力でプッシュしていたことですね。後ろについていたイアンノーネに2位を取られたことは悔しかったですね。タイヤは自分たちに完璧なものでは無かったんですが、自分たちに出来ることは全てやったと思います。」


予選4位 ダニ・ペドロサ
「最初のタイヤが良くなかったのでピットインして交換したんです。で、そのあとに自分がマッピングを間違えて変えてしまったのが良くなかったですね。パワーが落ちたのですぐ気づいたんですが、だいぶロスしてしまいました。とはいえ4位は悪くないと結果ですので、明日のウォームアップでまた少し詰めたいと思います。」


予選5位 ポル・エスパロガロ
「プッシュしすぎて転倒してしまい、二回目の走行が出来ませんでした。もう少しタイムを短縮できたはずなので残念です。ル・マンほど良い結果ではありませんが、2列目スタートは悪くないですよ。マシンの感触は凄く良くて、自分のヤマハという感じが凄くします。ファクトリー勢と十分に戦えるかは正直ル・マンの時ほど確証は持てません。Ducatiも序盤はニューエンジンで早いでしょうから。」


予選6位 カル・クラッチロー
「ニューエンジンは少し結果には役立ってますね。リヤはおそらくハードタイヤをチョイスすると思います。ブレーキも340mmディスクを使用しますよ。」


予選7位 ブラッドリー・スミス
「セクター3のタイムが良くなかったのが非常に悔やまれます。他のセクターは全部調子が良かったので、セクター3でロスしなければ、フロントローも可能だったと思います。昨日の雨の後からコースのグリップが高まってきたんで決勝は良いコンディションでレースができると思います。明日に向けて1コーナーを攻略しないといけないと思います。セクター1、2は良い感触で、セクター4はファクトリーヤマハとほぼ同じペースで走れているので、明日に向けてポジティブな材料ですね。」


予選8位 アンドレア・ドヴィツィオーゾ
「トップとの差はそこまで無いので、本戦でもこのペースを維持することが大事だと思います。とはいえ今日のところは100%のラップは出来ませんでした。自身もバイクもタイヤにしても持っているポテンシャルを出し切れなかったのが悔やまれます。ただ良いスタートを切れば、1コーナーまでのストレートで何台か抜けると思います。」


予選9位 ステファン・ブラドル
「ラップタイムは悪くないし、全車かなり接近していますので、全体的には悪くないと思います。ハードリヤタイヤはあまり良い感触ではないですね。レースでもいいペースを維持したいと思います。」


「タイヤの選択を間違えてしまいました。フロントにソフトタイヤを選択したのが間違いでした。ペースも良くバイクの仕上がりも良かっただけに残念です。本来は1列目スタートが出来たポテンシャルだったんですが。明日は自身の300戦目でムジェロということで特別な舞台なんですが、10位スタートというのは残念です。ムジェロはパッシングポイントも多いので、4列目スタートからでも序盤からプッシュしていって良い結果を出したいですね。」

Remove all ads