Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★Buell EBR1190RS 2014年のマン島TTに出場が決定!

Sponsored Link

motorcycle-usaに掲載されていた、アメリカが世界に誇る変態バイクBuellの話題です。

本来はこうした色々なニュースをお届けしたいところですが、MotoGPウィークの前後はどうしてもGP関連ばかりになってしまっているので、ちょっと反省。。

 

f:id:teletele916:20140520010429p:plain

イギリスのロードレーシングチームのSplitlath Motorsportsは、今年のマン島TTに出場することを認めた。スポンサーはモンスターエナジーで、マシンからライダーに至るまで、全てアメリカンラインナップでの勝負となる。参戦マシンはBuellのEBR1190RSだ。

 

今回EBRは初のTT参加となる。ライダーはTT経験者のアメリカ人ライダーのマーク・ミラーとブランドン・クレトゥ。彼らは2013年のマカオTTを11位、20位でフィニッシュしている。

 

この結果はここ数年の彼らの成績からすると大きな飛躍であり、チームとしてもEBR1190RSの血統の良さの証明と言える。

  

彼らはロータックス製Vツインのこのマシンを、ダイネーゼスーパーバイク、RL360スーパーストック、シニアTTで走らせる。

高い完成度を誇るシャーシと高いコーナリングスピードから、チームは良い結果を、ライダー達は自己ベストの更新を狙っている。

 

2014年はマーク・ミラーにとってこのチームで4年目となるシーズンで、彼自身2006年のデビュー以来、TTの中でも強豪の一人として数えられるようになっている。そして現段階で最も速いアメリカ人TTライダーでもある。

チームメイトのブランドン・クレトゥはマカオGPでの成功を引き継ぎたいとしている。

 

f:id:teletele916:20140520011157p:plain

マーク・ミラー

「マカオGPでは、EBR1190RSはシングルフロントブレーキディスク、中空フレームに燃料を搭載する独自の構造による、ありえないほどのマスの集中化による高いコーナ進入スピードとコーナリングスピードが特徴でした。EBRのステアリングは非常にクイックなので、非常にユニークで速く走ることが出来ます。TTのような高速で流れるようなコーナーが連続するコースでも非常に有利だと思います。今年このチームでTTに挑戦出来るということに、興奮しています。」

 

チームオーナー ジョン・ディンバイロー

「エリック・ビューエルのバイクをTTで走らせるということに、とにかく興奮しています。アメリカのチームがこうしてマン島TTレースに参加するのは、マカオGPに続いて初めてです。マン島TTでバイクを走らせるということは、そのバイクの全てが問われるということです。他のレースでは予想もしないような問題が浮かび上がるレースなんです。ですから初めての車両で初めてのマン島TTを走るということは、とんでもなく難しいでしょう。でも多くの人がエリックのバイクが好きなんです。彼のエンジニアとしての才能、他とは”絶対的に違う”存在であろうとする彼のバイクを愛しているんですよ。二人のアメリカ人ライダーによるこのチームでしっかりとした結果が出せることを期待しています。また同時に今後続いていくであろうBuellのチャレンジの土台となることを期待しています。」

 

f:id:teletele916:20140520011115p:plain

f:id:teletele916:20140520011122p:plain

f:id:teletele916:20140520011223p:plain

なんか、こう手作り感あってイイですね。とはいえ、Britten V1000みたいな個人による超手作り感ではないですが。。