気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★MotoGP 2016年からインターミディエイトタイヤが復活!

Sponsored Link

f:id:teletele916:20140508093822j:plain
2016年タイヤ事情の最新ニュースです。
 
カピロッシが語った内容によると、タイヤは各ライダーあたりの割り当て本数が1〜2本増加、コンパウンドは前後ともに3種類から選べるようになるだろうということです。
 
ライダーにとって最もありがたいであろうニュースはインターミディエイトの復活。レインタイヤにはドライすぎ、スリックには濡れすぎている路面での安全性の確保に繋がります。
 
「一旦2014年の終わりでブリヂストンとの契約が切れるので、去年の中頃からタイヤ本数、コンパウンドの種類、インターミディエイトに復活について話あっていたんですが、合意には至りませんでした。」
 
「こうした問題点の解決が非常に重要なので、ブリヂストンと協議の結果2015年まではタイヤを供給してくれるという形で合意に至りました。現在ダンロップミシュラン、非公式にピレリと話していますが、まだ結論は出ません。今月の22日までには一定の結論を出し、ドルナとMSMAが最適な方法を決定します。」
 
「タイヤのオープン競争は考えておらず、シングルタイヤサプライヤーのルールは変えたくありません。開始時点にどう動くかが最も大事ですね。今は各候補メーカーに我々がMotoGPタイヤに要求する事柄を伝え、各候補からの回答を待っている段階です。」
 
「開発の初期には100種類近くのタイヤの中から最適なものを見つけ出す必要があります。ブリヂストンのように全てのライダー、マシンに最適なタイヤである必要があるわけですから。」
 
最近16.5インチスリックでのテストをイタリア、フランスで繰り返し行っているミシュランが、最有力候補と言われています。
Remove all ads