気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★ケビン・シュワンツが2014年8耐にヨシムラ”レジェンドチーム”で出走!

Sponsored Link

今年ヨシムラ60周年を迎えるにあたり、ケヴィン・シュワンツが1986年の鈴鹿8耐のパートナーの辻本選手と組んで8耐で出走するそうです。

f:id:teletele916:20140304134859j:plain

1986年の出走時はこのコンビで3位表彰台でしたが、今回もこのコンビで表彰台を狙うという意気込み。

このレジェンドコンビに加えて、ヨシムラは「ヨシムラ・シェルアドバンス・スズキチーム」でも出走。BSBライダーのジョシュ・ウォーターズ選手とJSBの津田拓也選手のコンビとのこと。

 

「今年の鈴鹿8耐は、ヨシムラによって最も記憶に残るイベントになるでしょう。ポップヨシムラが1954年にヨシムラを立ち上げてから60年。我々は今までのヨシムラのレースの歴史を祝福するためにも、このレジェンドチームを立ち上げました。」と吉村不二雄氏は語る。

「このチームは2名の著名選手と一緒に戦います。一人は1993年のWGPチャンピオンのケビン・シュワンツ。そしてもう一人は1985-1986年の全日本フォーミュラワンクラスのチャンピオン辻本聡選手です。彼らは1986年の鈴鹿8耐で共に走り、3位表彰台を獲得しました。彼らは今年表彰台をかけて戦うだけでなく、エンターテイメント性というモータースポーツのもう一つの側面を担っています。」とのこと。ファンにとってはこれは堪らないイベントになりますね。記念撮影とか長蛇の列が出来そう。。

 

以下、ケビン・シュワンツのコメントです。

 

「2013年にチーム加賀山と一緒に8耐を戦って、いいチームと一緒に走ることの素晴らしさを思い出させてくれた。今年の8耐はヨシムラの60周年を心から祝福したい。ポップ吉村は私自信のキャリアにおいて、大きな影響を持つ存在。彼に初めて会ったのは1985年の半ばくらいだが、彼は私が戦闘力の高いライダーになるために色々な事を教えてくれた。彼は周りにいる人のモチベーションを高めて最高の力を引き出させる不思議な力を持っていたよ。」

 

「1994年に鈴鹿のガレージで、鈴鹿GPのトロフィーをあげたんだ。私のキャリアにおいて日本での4勝目だった。その時の写真は今でも私の大のお気に入りさ。彼が亡くなる前に、彼が私に「君は私が一緒に戦ったライダーの中で、唯一500ccの世界選手権で世界タイトルをとったライダーなんだ。」と話してくれた。今年の8耐で1986年のチームメイトの辻本と組んで走ることは、私にとってとても光栄な事で、このチャンスをくれた鈴鹿サーキットと、ヨシムラに感謝したい。」

 

いや〜、楽しみですねぇ。。

 

(情報元 asphaltandrubber.com

Remove all ads