Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

ヤマハ

★ヴァレンティーノ・ロッシ SNS上でも世界チャンピオンの存在感を示す結果に

ロッシ選手のイタリア国内のSNS上での人気は凄まじく、サッカー選手をも上回っているようです。FacebookやTwitterでもこうしてバイクレーサーの 人気があるというのが素晴らしいですね。日本にも世界に誇る選手が沢山いるというのに、国内での一般人への認知…

★MotoGPライダー評価2016 2位 ヴァレンティーノ・ロッシ

motomattersのエメット氏による2016年シーズンのライダー評価の続きです。チャンピオンシップ2位となったロッシ選手については、その進化に称賛を送りつつ、プレッシャーによるミスが多かったとしています。 (Photo courtesy of michelin) 2016年のライダ…

★ビンテージアディクション ヤマハYZF-R1

今となっては1998年に登場した初期型のYZF-R1も20年近く前のバイクとなりました。こうしたバイクをこうして蘇らせて乗るというのもまた楽しそうですね。 1998年にヤマハがR1をリリースした時の事をはっきりと覚えている。バイクになんとなく興味を持っていた…

★2017年の各ファクトリーのR&Dプラン

マット・オクスレイさんによる、各ファクトリーが2017年のMotoGPに向けてどんな作業をしているのか?という記事をご紹介します。各メーカーがいろいろな問題を抱えながら、どのように開幕戦を迎えるのか楽しみですね。 (Photo courtesy of michelin) 現在…

★ヤマルーブ・ヤマハ・オフィシャルラリーチーム ダカールラリーいよいよスタート!

2017年のダカールラリーの12の厳しいステージの初日が今日から始まった。ヤマルーブ・ヤマハ・オフィシャルラリーチームの4名、Hélder Rodrigues、Adrien Van Beveren、Alessandro Botturi、Rodney Faggotterは、パラグアイ、ボリビア、アルゼンチンを舞台に…

★ヤマハ 北米でS-MAX(マジェスティS)のリコールを発表

S-MAXのリコールが北米で発表されました。これは日本でも既にマジェスティSのリコールとして発表されているものです。 ヤマハは2015年型のS-MAXのリコールを発表する。これはスピードメーターが動かなくなるかもしれないという内容に関するもの。このリコー…

★MotoGP2016 代役で走る選手を確保することの難しさ

今年は怪我をした選手の代わりに代役で他の選手が走るというケースが多いシーズンでもありました。主な選手としては、ホンダはペドロサ選手、ヤマハはスミス選手、Ducatiはイアンノーネ選手などが怪我をした事で、各チームは他の選手権を走る選手、自らのテ…

★ヨハン・ザルコ「2017年シーズンはルーキーにとっても希望が持てる」

ザルコ選手は9人の優勝ライダーが生まれた2016年を考えると、来シーズンのMotoGPにおいてルーキー選手にとっては希望が持てると言います。スムーズなライディングスタイルとM1の特性も合っていますし、序盤からスピードを発揮してくれそうです。 (Photo cou…

★モビスターヤマハ シーズングリーティングを発表

モビスターヤマハがYoutubeでシーズングリーティングを公開しました。紙細工で出来たロッシ選手、ロレンソ選手のM1とカタール、スペイン、フランス、イタリア、カタルーニャ公国の国旗があしらわれています。両選手の母国、スポンサーのモビスターの国旗があ…

★ヤマハ・オフィシャルラリーチーム ダカールラリー2017参戦概要

今年もダカールラリーが開催します。ヤマハは経験豊富な4人のライダーで「Yamalubeヤマハ・オフィシャルラリーチーム」として参戦します。レースの開始は年明けの2日からで、14日にレース終了となります。 チームマネージャーのJosé Leloirとスポーツマネー…

★ブラッドリー・スミス「来年のルーキーの中ではリンスが最も良いパッケージ」

来年のテック3ヤマハは、2015年のブリヂストンタイヤ用に作られたM1ではなく、ミシュラン用に作られた2016年型のM1となることで、最初から戦闘力が高いことが期待されていますが、スミス和尚はスズキのリンスが2017年度のルーキーの中で最も優れたパッケージ…

★ビニャーレス「シルバーストーンの後からトップライダーの仲間入りを実感した。」

sportrider.comにManuel Pecino氏がビニャーレス選手に行った詳細なインタビューがありましたのでご紹介します。自分自身が実感した成長の部分、MotoGPマシンのエンジンマップの設定、使い方、そして予選の走り方、ヤマハファクトリーでのアプローチに関して…

★ヴァレンティーノ・ロッシ 2016年のEnduRanchで優勝

モンツァラリーの後もロッシ選手はレース漬けのようで、自ら所有するランチで行われたレースで優勝を遂げました。ロッシ選手も何度かインタビューで語っていますが、こうやって若い選手と一緒に走るのが素晴らしい刺激になっているようです。 EnduRanchはヴ…

★ヤマハエンジンのNortonコマンド ”Yamando”

カスタムの種類としてはエンジンスワップと言えないこともないのですが、エンジンだけでなく全体に手が入った美しいレーサーです。まさにバイク愛ですね。 ブラッド・モンクはレーサーだ。彼には日中の仕事がある。しかし日曜になると彼はレーサーになる。そ…

★ブリビオ「ビニャーレスもロッシにとって強力なチームメイトとなる」

バレンシアテストではいきなりスピードを見せつけたビニャーレス選手。ロレンソ選手とロッシ選手のようにギスギスした関係になるのも時間の問題と言われていますが、はたしてどうでしょうか。。 (Photo courtesy of michelin) スズキのMotoGPボスであるダ…

★マッシモ・メレガリ「ビニャーレスはロレンソと同等のスピードで良い性格」

ヤマハのスポーティングディレクターのマッシモ・メレガリが、テストの内容、ビニャーレス選手について、2017年についてなど色々とインタビューに答えています。ビニャーレス選手のスピードへの期待は既にかなり大きいようです。 モンツァラリーはロッシが一…

★MotoGP2017 ロッシ「もう少し年齢が上のチームメイトのほうが良かったかも」

ロッシ選手がイタリアのラジオ番組出演した際のインタビュー内容をご紹介します。もう少し年齢が上のチームメイトとしてペドロサ選手が良かったかもと名指ししていますが、たしかにヤマハでペドロサ選手が走っていたらどうだろう?というのは見たかった方も…

★XJR1200のR nine T風カスタム XJR9T

BMWのR nine Tの無骨な空冷エンジンに、不必要な物を一切取り払ったスタイルというのは非常に独特なものですが、ヤマハのXJR1200を使って同じスタイルを再現しようとしたカスタムをご紹介します。はっきり言ってこれはアリですね。 「半分に切られたヤマハ、…

★MotoGP2017 ビニャーレスはロッシの親友にはならない

最終戦バレンシアの前の内容ですが、ビニャーレス選手はヤマハに加入するにあたり、ロッシ選手と今までのようなフレンドリーな関係ではいられないだろうし、新しいホルへ・ロレンソになるだろうという内容の記事です。実際にビニャーレス選手も「目標はタイ…

★MotoGP2017 フォルガー「MotoGPマシンのパワーは驚くほど凄い」

ザルコ選手とともにテック3ヤマハのライダーとなったフォルガー選手は、バレンシアテストで10位を獲得し、スムーズにMotoGPバイクへの乗り換えを果たしたように思えます。テック3ヤマハのパッケージは慣れるのが簡単だというような話をクラッチロー選手がし…

★バレンシアテスト2日目 ザルコ「良いタイムを記録出来た」

クラッチロー選手はヤマハのサテライト機は乗るのが簡単とこぼしていましたが、ザルコ選手はうまくM1に適応出来ているようです。早くもバイクにリラックスして乗れているというあたり、シーズン序盤からトップ10付近での走行が期待出来るかもしれません。し…

★バレンシアテスト2日目 ロッシ「エンジンに集中する必要がある」

初日に2017年型のエンジンはあまり違いを感じないとしていたロッシ選手ですが、全体的なパッケージはもちろん、加速力、エンジンパワーも課題のようです。 (Photo courtesy of michelin) 新しいチームメイトのマーヴェリック・ビニャーレスがトップタイム…

★バレンシアテスト1日目 ロッシ「新しいエンジンにはもう少し期待していた」

ロッシ選手はバレンシアテストの初日を2位タイムで終えましたが、昼頃の転倒によってニューフレームをだめにしてしまい、ニューフレームでの走り込みは2日目のテストに持ち越しとなりました。エンジンに関しては少し期待はずれのようです。 (Photo courtesy…

★MotoGP2016バレンシアGP 決勝プレスカンファレンス翻訳

バレンシアで2017年のテストの初日が終わっていますが、日曜に行われた決勝レースのプレスカンファレンスの翻訳です。ヤマハ最後のレース、そして完璧とも言える週末を過ごしたロレンソ選手に質問が集中しています。 ロレンソ選手とイアンノーネ選手は追突の…

★MotoGP2017バレンシアテスト 写真ギャラリー

初日のバレンシアテストが終わりました。この時期は新しいライダーとバイクの組み合わせ、そしてそのタイムに注目が集まりますが、この時期だけのスペシャルカラーリング、そしてカーボン地剥き出しの新型バイクを楽しむことが出来る季節でもあります。 とい…

★MotoGP2016バレンシアGP ポル・エスパルガロ「後戻りは出来ない」

テックスリーヤマハに残ったとしてもヤマハファクトリーへの道が開くわけでもなく、かと言ってファクトリーバイク並のサポートが受けられるわけでもないというのが、ポル・エスパルガロ選手、ブラッドリー・スミス選手に共通するKTMへの移籍理由だと思います…

★MotoGP2016バレンシアGP ロレンソ「ヤマハに最高のプレゼントが出来た」

今週は練習走行から予選、決勝まで圧倒的な展開で優勝したロレンソ選手ですが、走りに対する自信からモチベーションが湧いてきたと語っています。9年間過ごしたヤマハに捧げる渾身の走りは実に見事でした。 (Photo courtesy of michelin) ホルへ・ロレンソ…

★バレンシアGP ロッシ「イアンノーネとのバトルは本当に楽しかった」

最終戦も熱いバトルを展開したロッシ選手とイアンノーネ選手ですが、最後はタイヤ右サイドのグリップが落ちたことで勝敗が決まったようですね。しかしターン11で繰り返し見せたロッシ選手の鮮やかなオーバーテイクは実に見事でした。 (Photo courtesy of mi…

★MotoGP2016バレンシアGP ロッシ「ロレンソとDucatiの組み合わせは要注意」

バレンシアGPではイアンノーネ選手とのバトルに破れ4位を獲得したロッシ選手。Ducatiのストレートの速さに苦戦しているのが明らかでしたが、ここにロレンソ選手が加わるとなると、その戦闘力は非常に高いだろうとしています。 ヴァレンティーノ・ロッシはホ…

★MotoGP2016バレンシアGP 優勝ロレンソ「最後の10周は苦戦した」

最後のヤマハでのレースウィークを、練習走行、予選、決勝と圧倒的な速さで走り、優勝を獲得したロレンソ選手。次にロレンソ選手を見る時は全身赤いというのは、慣れるまでしばらくかかりそうです。なお、ロレンソ選手とヤマハの契約は今年の12月31日まで有…

★MotoGP2016バレンシアGP 予選1位ロレンソ「明日は特別な日」

ヤマハでのキャリア最後となる予選をポールポジション獲得で締めくくったロレンソ選手。これで明日も優勝して有終の美を飾る事が出来るでしょうか。 Q 「キャリアで45回目のポールポジション獲得となりました。マルケスと同じ数で予選ポール最多数争いをして…

★MotoGP2016バレンシアGP 予選3位ロッシ「ここはオーバーテイクが難しい」

いつも苦戦するといいつつもしっかりと予選3位でまとめてきたロッシ選手。ペースはロレンソ選手、マルケス選手には及ばないものの、スタートで前に出てしまえば、抜きにくいサーキットですのでどうなるかわかりません。 Q 「今日は3位で明日はフロントロース…

★MotoGP2016バレンシアGP ロッシ「多くのコーナーで苦戦している」

バレンシアは毎回大変なレースと語っているロッシ選手ですが、現状FP2でセッティングが上手くいかずに苦戦しているようです。FP3でトップ10落ちという事はまさかないと思いますが、2017年型のバイクの戦闘力についても気になるところです。 (Photo courtesy…

★MotoGP2016 ロレンソ「ヤマハに別れを告げるのは簡単ではない」

今週末はロレンソ選手にとってヤマハ機で走り最後の週末となります。キャリアの締めくくりは優勝を狙っているということですが、そう簡単ではないでしょう。 ホルヘ・ロレンソは今週末のスペインを最後にDucatiにヤマハから移籍することに備えている。ロレン…

★MotoGP2016バレンシアGP ロッシ「バレンシアは特別なレース」

いよいよ今週末に迫ったMotoGP最終戦バレンシア。チャンピオンシップ2位まで既に確定してしていますが、各選手が今年最後にどのような走りを見せてくれるのか楽しみですね。 ヴァレンティーノ・ロッシはここ数年バレンシアは彼にとって得意と言えるラウンド…

★ヤマハ EICMAでT7コンセプトを発表

世の中のオフロードバイク、アドベンチャーバイクと呼ばれるバイクは、あまりにも軽量化を意識していない作りで、モトクロッサーとアドベンチャーバイクの中間のようなレース車両よりの軽量アドベンチャーバイクはないものか。。というオフローダーの思いに…

★ヤマハ EICMAでレーシングパーツ装着の新型YZF-R6を発表

先日発表されたYZF-R6にレース用部品を取り付けたバージョンがEICMAで発表されました。装備されているのはレース用フェアリング、アクラポビッチのチタン製フルエキゾーストマフラー、320mmのブレンボTドライブディスク、43mmのフォーク(オーリンズカートリ…

★ヤマハ EICMAでXSR900 Abarthを発表

ヤマハはEICMAで面白い限定車両を発表しました。XSR900 Abarthはイタリアのカーレーシングの世界で有名なAbarthとヤマハが組んで生み出した695台限定のカフェレーサーです。各部にカーボンを多様するなど軽量化を実現しています。エンジンはXSRの847cc 3気筒…

★ヤマハ EICMAで新型TMAXを発表

ヤマハはEICMAで新型のTMAXを発表しました。エンジンは530ccでEuro4に対応し、46馬力を発生します。ヤマハ・チップコントロールド・スロットルを装備し、スムーズなレスポンスと強力なパワーフィールを実現。トラクションコントロールを新たに装備し、シャー…

★ヤマハ 新型TMAXをEICMAで発表

どうやらEICMAでは、新型のTMAXが発表されるようです。完全な新型モデルとなるのか、エンジンなどはそのままで外装やサスペンション、電子制御などの変更という新型R6と同様の手段をとるのかは不明です。なお、発表の模様はライブストリーミングで見ることが…

★MotoGP2016 ホルヘ・ロレンソ「Ducatiは毎年進化している」

Ducatiの活躍を見ることが増えてきましたが、この2勝は圧倒的有利と言われたオーストリアと、雨の中のセパン。それでもロレンソ選手は良い兆候と語っています。Ducatiでいきなり速さを発揮出来るのか、しばらく時間がかかるのか、いずれにしても楽しみです。…

★マレーシアGP2位 ロッシ「最後はスローダウンせざるを得なかった」

このところ表彰台獲得が続いているロッシ選手ですが、今回の結果でチャンピオンシップ2位が確実となりました。レースにもしもはありませんが、日本GPで転倒せずに表彰台を獲得して、その後オーストラリア、マレーシアでのマルケス選手の転倒があれば。。と思…

★マレーシアGP3位 ロレンソ「ラッキーなレースだった。」

マルケス選手、クラッチロー選手、イアンノーネ選手が転倒したことで、棚ぼたで3位を獲得したロレンソ選手。グリップが良いトラックであっても、やはり気温が低く路面状況が悪いと苦戦はするようです。 Q 「今日のバトルはサバイバル戦という形でしたが、表…

★マレーシアGP ロッシ「Q2にむけてバイクを仕上げる事が出来た」

FP4からQ2に向けてバイクを向上させる事が出来たと語るロッシ選手。ドライ、ウェット両方でも速さはあると語っていますが、天候は心配ですね。 Q 「今日は2位となりました。難しいセッションだったと思いますが、最終的には明日のレースに向けて良いポジショ…

★マレーシアGP ロレンソ「タイヤをオーバーヒートさせてしまった」

序盤に攻めすぎてタイヤをオーバーヒートさせてしまったというロレンソ選手。セパンは雨でもグリップが良いので速く走れるとも、別のインタビューで語っています。 Q 「明日はフロントロースタートですが、トリッキーな予選でしたね。」 ホルヘ・ロレンソ 「…

★MotoGP2016マレーシアGP FP2結果

雨の中行われたマレーシアGPのFP2の結果です。マルケス選手は胃腸炎のためにFP2には出場せず、ホテルで明日に備えて体調回復を優先したようです。殆どの選手がレインタイヤ、インターミディエイトタイヤで走行する中、セッションの最後の最後でやや渇き出し…

★MotoGP2016マレーシアGP ロレンソ「ベストを尽くしたい。」

マレーシア戦を前にしたロレンソ選手のインタビューをご紹介します。とにかく現在に集中していると語っていますが、泣いても笑ってもヤマハでのレースはあと2戦です。 ロレンソはマレーシアに、フィリップアイランドで残念な結果を残した後に到着した。マー…

★オーストラリアGP8位 スミス「8位で完走出来るとは思ってなかった」

怪我の影響が心配されたスミス選手。14位スタートから8位にまで順位を上げて完走しました。100%の走りは出来ていないようですが、来シーズンに影響を出さないためにも、残りの2戦も無事に走りきって欲しいところです。 オーストラリアGP8位 ブラッドリー・…

★オーストラリアGP5位 ポル・エスパルガロ「今年の中ではベスト」

ホールショットを奪ってレースをリードしたポル・エスパルガロ選手ですが、ファクトリーライダー、クラッチロー選手などに抜かれ、最終的に5位となりました。とは言え、本人にとっては良い結果という事でまんざらでもなさそうです。 オーストラリアGP5位 ポ…

★オーストラリアGP ロレンソ「スローダウンを余儀なくされた」

ウォームアップでは良いタイムを記録したロレンソ選手ですが、決勝ではタイヤが劣化した後にタイムが出なかったと言います。ビニャーレス選手が表彰台を獲得したことで、ロッシ選手とチャンピオンシップ2位争いをするどころか、チャンピオンシップ3位の座が…