Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

気になるバイクニュース。

世界のバイクニュース、MotoGP最新情報、各メーカーの新車情報などを紹介しているブログメディアです。

★Timbersled スノーバイク コンバージョンキット

ダートバイクに無限軌道をというのは、日本でも豪雪地域でたまに聞くカスタム内容です。このTimbersledの場合、一番安いモデルで$3,999(※日本円で45万ほど。)なので、安いと見るか高いと見るかは人それぞれでしょうね。 Timbersledのスノーバイクコンバージ…

★ICONのGSX-R750カスタム MAJOR TOM(トム少佐)

パット見はなぜこんな銀色一色なのか、なぜV-Rodのディッシュホイールなんぞ装着しているのか?と思ってしまいますが、デヴィット・ボウイの「スペイス・オディティ」に登場する”トム少佐”へのオマージュとも言えるバイクなんだそうです。ボロボロのGSX-R750…

★カスタムバイクBuell M2 IncrediBuell

この年代のBuellに乗っている人は世界共通でコアなBuellファンだと思いますが、純正からかっこ良いS1Wとかではなく、純正はちょっとボテッとしているM2をベースにしているところがミソですね。 Buellというバイクのストーリーはハッピーエンディングを迎えな…

★スズキ バンディット600Sカフェレーサー

スズキのバンディットは当時のネイキッドがフレームをタンクに隠し2本サスを採用するという手法を採用する中で、全くその流れに併合せず、何とも言えぬカーブを描くフレームに1本出しのリヤサスを採用します。フレームに合わせて曲がったデザインのタンクに…

★パニガーレエンジン搭載のMod Dam ホンダ MSX125 Grom

小排気量のバイクに違うバイクのエンジンを搭載するエンジンスワップというカスタムはたまに見かける事がありますが、あくまでバランスとして破綻しない事が重要なカスタムの手法だと思います。が、そんな事は全く気にせずに思いつきで作り上げてしまった感…

★ヤマハYard Built XV950ウルトラ By GS Mashin

ヤマハのYard Builtプログラムには面白いバイクが沢山あるわけですが、このバイクの見た目は本当に独創的ですね。他のどのバイクにも似ていないデザインで、特にフロントカウルのデザインはバイクというか何か別のもの(※モビルアーマーとか。。)に見えます…

★Motul Motor Bike ExpoにてMotul Onirika 2853コンセプトを発表

インパクトの強い見た目のバイクではありますが、完全なショーバイクのようですので走りについて云々というようなものではないようです。フレームとスイングアームはよくよく見るとオリジナルのトラス構造のフレームにカバーを付けているのがわかりますが、…

★ダリオ・ロペス・スタジオ Ducati Scrambler Artika

このスクランブラーカスタムも面白いですが、コイツのモデルになったというパンタのアイスレーサーなんてものがあったとは知りませんでした。(※Pantah Iceとかで検索すると出てきます。)実際に雪道で使うかどうかはさておき、こういったカスタムも面白いで…

★Ducati XDiavelベースのDraXterを発表

クルーザーとして捉えられがちなXDiavelも、こうしてドラッグレーサー風のカスタムが施されるとガラッと印象が変わります。こうしたアンダーカウルやフロントフェンダー、ステップやタンクやシート周りのカスタムパーツが充実してくると面白そうですね。 ワ…

★Buellベースのカスタムバイク Bottpower XC1

BuellのXBシリーズは燃料をフレームに、オイルをスイングアームに搭載し、超ショートホイールベースが特徴の個性の強いバイクですが、ここまでカスタムされたバイクはあまりみません。さすがにスーパーバイクで活躍するエンジニアが創りだすだけあって、全体…

★AD Koncept Ducatiパニガーレ カフェレーサーコンセプト

今年のEICMAは確かに各社ともにスクランブラーの出展が多かったですね。日本でも今後トレンドになるのかは不明ですが、カフェレーサーとスーパーバイクという組み合わせは正直微妙かなと。「軽く流して楽しく、気合の入った走行も安全に楽しい」というのがカ…

★ヤマハYard Builtプロジェクト CS07 gasoline

ヤマハのYard Builtプロジェクトから色々なバイクが産まれていますが、こういったカウル付きのV-MaXもいいですね。ホイールの軽快感あって同じバイクとは思えません。 ヤマハのYard Builtプロジェクトというカスタムビルダーにカスタムバイクを作ってもらう…

★HIGH OCTANE SPEEDSHOP BMW HPnineT

BMW RnineTは色々なカスタムが出来る事で人気の車両ですが、プロがコツコツと創りあげると、凄まじいものが出来るというような「HIGH OCTANE SPEEDSHOP」のカスタムバイクです。全て板金技術で作り上げたという美しい外装、そして直線の部分が全くないという…

★ヤマハ AIMExpoでコンセプトバイクDT-07を発表

アメリカのフロリダで開催されるAIMExpoで、ヤマハから力の入ったコンセプトモデルが発表されていました。ここまで力の入ったダートトラックレーサーであれば、レーサーとして登場するのは時間の問題でしょうし、市販に向けて動きだしたりなんてこともあるか…

★Bimota Mantraをデザインし直すとしたら。。

オリジナルのBimotaのMantra(マントラ)は何かとデザインを酷評されることが多いのですが、今デザインし直すなら?という事でオリジナルデザイナーのSacha LakicさんがMantraの新たなデザインを公開したようです。Sacha Lakicと言えば、CX500のカフェレーサ…

★グレッグ・ヘイグマン1982年製ビラーゴカスタム

ビラーゴをここまでカスタムするという考えはあまり思いつかないですが、海外からすると、信頼性がある日本製且つ安いベース車両として、80年台の日本車というのは良いカスタムベースなんでしょうね。こういったバイクなら軽く流すだけでも楽しそうです。 ヤ…

★DucatiパニガーレTerraCorsa 195馬力のダートバイク試乗レビュー

Ducatiが誇るスーパーバイク、パニガーレをオフロードで乗ろうというクレイジーな試みについての試乗レビュー記事です。なんだかんだ文句を言いつつも十分に楽しんでいる様子が伝わってきますが、セパハンでオフロードを走るというのはとんでもなく恐ろしい…

★Holographic Hammer ZX-10Rスクランブラー

スーパースポーツをオフロードモデルにというのは、相当に無理な気もしますが、この記事でも触れているように、過去にはパニガーレをダートバイクに無理やり魔改造したバイクもありました。スクランブラーくらいに改造するのであればアリかもしれませんね。 …

★Oberdan Bezzi BMW S1000R 「Lightburner」コンセプト

Oberdan Bezziさんというのはバイク関連のコンセプトデザインをよく描いている方ですが、今回はBMWのS1000Rストリートファイターベースのデザインで、フレーム、エンジンがしっかりと主張する塊感のあるデザインです。日本の雑誌などで良く見かける現実離れ…

★Division Motorworks トライアンフ・スラクストン"Sage Rage"

セージというのはシソ科の多年草のハーブのようですが、このセージグリーンという色をバイクのカウルに使うというアイディアは面白いですね。クラシックな見た目に非常にマッチするカラーリングですが、一歩間違えると大惨事になってしまいそうな色です。こ…

★Untitled Motorcycles BMW R80のカスタムバイク「UMC-028」

BMWのR80、R100のカスタムは国内外で色々と見ますが、ここまでセンスの良いカスタムはなかなか見ませんね。全体的な佇まいはオールドーレーサーでありながら、要所要所で最新のパーツを取り込んで、現代でしっかりと通用する性能と安全性を確保しているあた…

★Moto Guzziのハイテク素材カスタム「LVPVS ALPHA」

ハイテク素材を組み合わせた異色のカスタム。使っている材質もさることながら、ガーターフォークにスイングアームはドライブシャフト丸見えという(笑)サイドカバーに収まるのは異型ラジエータでしょうか。Moto Guzziがこんなに近未来的になるもんですね。 …

★Mehmet Doruk Erdemによるstreamliner(流線形車両)コンセプト

バイクなのか車なのか、そもそもどのように走るのかよくわからないstreamliner(流線形車両)というものがasphaltandrubber.comで紹介されていました。完全なコンセプトデザインとのことなので、実際の走行可能な車両ではないのですが、デザインとしてのイン…

★Maarten Poodtの手によるヤマハ XS850レーサー

ヤマハのXS850のレーサー風カスタムです。横から見た時のスカスカ感は、今どきの車両のカスタムでは絶対に得られない美しさだなと思います。こんなバイクがガレージに1台あったら、眺めているだけで楽しそうですね。しかし海外のビルダーというのは、こうい…

★Thrive Motorcycle T005 Croos

インドネシアはジャカルタにあるThrive Motorcyclesが作成したT 005 Croosというバイクをご紹介。ベースは2008年式のヤマハScorpio。サブフレームを作り直し、外装はアルミニウム、ステンレス製エキゾーストなどを採用しています。タンク形状などからしても…

★Apogee Motoworksによる Ducati ”Le Caffage”

カスタムバイクの中にはメーカーが見たら腹を立てそうなカスタムも数多くありますが、このカスタムはその典型とも言えるカスタムかもしれません。あくまで管理人目線ですが、所有者が好き勝手にバイクを弄くり回すのは自由ですが、これはちょっとバイクが不…

★chabott engineering MT-07ベース FASTER SON

ヤマハは世界中のビルダーと協力してカスタムバイクを作ってもらい、そのカスタムパーツを市販化するという動きをずっと続けていますが、このコンセプトバイクもそういった流れのものでしょうか。しかし、このバイクがMT-07ベースだと誰が思うでしょう。全て…

★It roCkS!bikes ヤマハXJR1300 DISSIDENT

It roCkS!bikesが手がけるXJR1300のご紹介。タンクからテールまでモノコックのパーツ構成というのは、構造上もデザイン状も新鮮ですね。こういった構造を現代のバイクに採用する例というのはあまり無いと思うんですが、ペイントと相まって良い雰囲気が出てい…

★V8エンジン搭載のバイク PGMV8

2LのV8と聞くと何のイメージでしょうか?少なくともバイクのエンジンだと思う方はいないと思いますが、とんでもないバイクがあったのでご紹介します。V8のエンジンをバイクに搭載というのも馬鹿らしい話なんですが、見たところエンジンをフレームの一部とし…

★ICONカスタムのスズキ刀(カタナ)

日本でもカタナのエンジンをバンディット1200やGSX1400にするカスタムはありますが、足回りを他メーカーの車輌から流用したり、シートカウルを作り直してしまうというのは新鮮であまり見ないですね。全体的に綺麗に獰猛な感じにまとまっていますが、なぜか2…

★今の時代に蘇る Ducatiスポーツクラシック

当時の雰囲気を残しつつ、今販売されるとしたらということを考慮したハイテクぶり。メーカー純正カスタムということで出てきても良さそうなものですけどね。空冷乾式クラッチのDucatiは今や貴重ですし、クラッチカバー空けたり、ベルト見せたりとか色々楽し…

★BMW K100カフェレーサー

試乗評価など見る限りだと車みたいで面白くないという評価が多いK100ですが、ここまで改造されてしまうと、もはやK100というか別の乗り物って感じです。ナンバーがだいぶやんちゃな位置についておりますが、海外はこういうの緩いんですかね。 よくバイクに乗…

★Classified Moto「ウォーキング・デッド」 ダリルのバイク

海外ドラマの人気シリーズ、ウォーキングデッドというゾンビものがあるんですが、その中に登場する影の主役「ダリル」のバイクのご紹介です。作成したのはClassified Moto。 「ノーマン(ダリル役の俳優)は最高だよ。」とClassified Motoのライランドは語る。…

★ONE DOWN FOUR UPのYAMAHA DT250。

潔いスタイルというか、無駄を一切廃したデザインが素敵ですね。実際のフラットトラックレーサーのレギュレーションになぜか沿って作られているからか、レーサーらしいパリっとした完成度です。 毎年、数多くのカスタムバイク愛好家がオレゴンのポートランド…

★まるで実車!スペイン人ビルダーPere Tarragó氏の作るスケールモデル

日本の場合、模型というとタミヤなどの模型をベースにして再現度をいかに高めていくか?というのが主流だと思いますが、そういうものに頼らず、フルスクラッチで金属から作ってしまう人がいるとは驚きです。 スペインの小さな町(Molins de Rei)に住むPere …

★台湾のハーレーカスタムショップ「Rough Crafts」によるSlate Hammer

ハーレーをカフェレーサーにするというのは、また随分と無茶なというか凄いカスタムですね。しかし、それでいてしっくりとしてカスタムになっているあたりが、また凄いです。耐久レーサーっぽい切れ長の飾りが無ければなお良しって感じですね。 ハーレーダビ…

★it roCKS!bikes XJR1300カスタム CS_04ステルス

車格としては比較的大柄なネイキッド車をシングルシート化して、各部をファインチューン。失敗しようがないカスタムという感じですが、マットブラックとゴールドというカラーの組み合わせもまた憎いですね。しかし、カスタムバイクでいつも気になるのは、カ…

★CRDモーターサイクル BMW R80カスタム

CRDモーターサイクルのBMW R80のカスタムバイクをご紹介します。BMWのカフェレーサーカスタムは管理人が本気で欲しいカスタムバイクの一台です。日本だと西東京にあるリトモ・セレーノさんが有名ですが、リトモさんのバイクは筑波のレースで良く走ってますね…

★CLOCKWORK ホンダCB750カスタム

こういったジャンルのカスタムバイクは日本だと少ないですよね。渋くて男臭い大人のカスタムって感じですね。 サミュエル・ガーティンは以前チョッパーをいじっていた男だが、ヘリコプターのメカニックとして働いた後、バイクや車のカスタムを手広く行うよう…

★Analog Motorcycles 古き良きDucatiスクランブラー 

これまたセンスの良いカスタムバイクがあったのでご紹介。作成したのはシカゴに拠点を置くAnalog Motorcyclesです。ベベル駆動、スクエアケース、さらにベベルギア確認用の小窓を装備など、Ducatiマニアにはたまらないカスタムとなっています。 個人的にDuca…

★ローランド・サンズの手による 2012年型ヤマハTMAX530フルカスタム

Asphalt and Rubberの関連記事を見ていて発見したローランド・サンズによるTMAXのカスタムモデルをご紹介します。フレームがしっかりとしているTMAXだからこそ、外装を無くして”ネイキッド”にしてもデザインとして破綻しないというのが面白い。何キロ軽くな…

★ヤマハ VMAXのデザイナー栄久庵 憲司氏に捧げる「Infrared」を発表

ドイツのJvB-motoによるVMAXのカスタム「Infrared」をご紹介します。アルミニウム製マッドガード、カーボンファイバー製のヘッドライトなどの他にセパレートハンドル化、カーボンタンクカバー、わざわざ1985年製のVMAXから作られたアルミニウム製エアインテ…

★ホンダ CX500のカフェレーサー

ホンダのCX500という、1981年に発表された国産で初めてターボチャージャーを搭載したと言われるバイクがあるんですが、海外では密かにこのバイクのカスタムが流行っている?みたいです。 穏やかなCX500がCB750やSR500のようにカスタムされることを想像した人…

★Vyrus986M2の自作キット お値段€27,930より。

昨日ご紹介したVyrus986M2の関連記事で、このバイクのDIYキットについての記事がありました。なんでも、オーナーはCBR600RRのエンジンさえあればDIYでオーダー出来る&もし望むならDucatiエンジンもオプションで選べるみたいです。国産4発とDucatiのエンジン…

★可愛くともエンジンはXR600!Sixty-Six Motorcycles X ON

オーストラリアのSixty-Six MotorcyclesによるXR600のカスタムバイクを紹介します。タンクはCB250のものを流用し、シートは新造のカスタム品。SM Proの17インチリムを使用し、Talon hubsのハブを組み合わせて使用しています。タイヤはShinkoの705タイヤを使…

★H2Rストリートファイター コンセプト

フランスのデザイン会社AD KonceptによるH2Rのストリートファイターのコンセプトモデル(CG)です。確かにH2R自体ドラッグレースが良く似合う車両ですし、こういった方向だとは思いますが、カワサキらしいエグみが足りないような気がするのは気のせいでしょう…

★DIYスパイクタイヤの作り方

前にご紹介した、スタントチームがスパイクタイヤのGSX-Rでバギーと雪上ドリフトして手榴弾ドーンの映像(※下のリンク参照)で、「このスパイクタイヤってどうやって作るんだろう?」と気になっていたんですが、物凄くアナログな方法で手作り出来るんですね…

★11回のドラッグレースチャンピオン Ninja H2を語る

いつかこういう事をする人が出てくるんだろうなと思ってましたが、確かにレギュレーション上、ロードレースを走れないNinja H2の行く先はこっちなんですかね。しかしカワサキから話を持ちかけていたとは。。 リッキー・ギャドソン「2012年のディーラーミーテ…

★CBR600RRエンジン搭載の”トゥクトゥク”

「Far Cry 4」というゲームに登場する武装トゥクトゥクを再現したら。。というお馬鹿マシン。 Youtubeの発案者でもありスタントマンでもあるColinfurze氏が、どのようにこの武装トゥクトゥクを作成したかというビデオなども公開されていますが、今回の内容は…

★TZ750を現代に蘇らせるとこうなる

元々はリアリティーショーのTV番組から生まれた企画で、ウェイン・レイニー、テリー・カージス、リチャード・ヴァーナーらによるヤマハベースのカスタムマシンを作るというものの中から生まれたこのバイク。 Mule Motorcycles製でビルダーはリチャード・ポロ…